無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 挿し木苗づくり | トップページ | 見えない森林 »

2009/04/26

カウリの巨木

屋久島の縄文杉と、ニュージーランド・ノースランド地方にあるカウリの巨木タネ・マフタが、「姉妹木」となる調印式が行われたそうだ。タネ・マフタも、マオリ語で「森の神」を意味して、樹齢1200~2500年(大雑把だなあ)で、現存するカウリでは最も大きな木である。それが世界自然遺産つながりで姉妹木になったというわけ。

カウリは、スギ科の常緑針葉樹で、世界でも5指に入る巨木の種類だという。だが、日本ではあまりなじみがないだろう。

そんなカウリに触れ合える場所が、なんと広島県吉和にあった(笑)。

宿泊したクヴァーレ吉和のクアガーデンである。男女の浴場に一つずつ、クアガーデンに2つあるそうだ。ただ男湯のは傷みがひどくて撤去されたので、有料のクアガーデンで見た。

200904211724002                                                 

                                                 

見た通り、切り株を風呂桶にしている。露天風呂だ。重量は20トン、樹齢は1500年ものらしい。最大直径は3,75メートル、周囲10,6メートルだそうだ。

もっとも、これは伐採したものではなく、4万5000年前の土埋木を利用しているらしい。木質は、蝋化しているように感じた。

ちなみにここは、外部から丸見え。もちろん水着着用である。この季節、しかも明るいうちから入っているのは私だけであった。

なんで、こんなものが、吉和に、と思うが、クヴァーレ吉和の経営は、中本林業、つまり住宅建材で知られるウッドワン・グループだ。よくコマーシャルでもニュージーランドの森を宣伝している。創業者の出身地が、吉和であった。

« 挿し木苗づくり | トップページ | 見えない森林 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カウリの巨木:

« 挿し木苗づくり | トップページ | 見えない森林 »

June 2020
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と林業と田舎