無料ブログはココログ

本の紹介

« 国産材取引サイト「林サク」 | トップページ | 『森を歩く』書評・朝日新聞 »

2009/04/04

人工林の生物多様性

スギやヒノキの人工林と言えば、どうしても天然林に比べると生物多様性が劣る、と思われがちだ。そのほか、保水力なども劣るとされる。

それに対して、私は、そんなことはないと、以前から書き続けた。手入れをちゃんとすれば、人工林でも、十分に多くの生物が生息できると。

とくに三重県の速水林業の調査を紹介している。同じ地域の天然林の植物数は185種、それに比べてヒノキ林には243種あったという事実だ。
手入れされた人工林は、生物多様性も増すことの証明になる。

……ところが、この話をすると「速水さんのところは特別だから」と逃げる人が多い。
それはないだろう。たしかに速水さんは卓越した林業経営者だが、誰にも真似のできない技術を持っているわけではない。基本的なやり方は、どこの林業地でもできることだ。

ただデータが速水林業だけというのは、たしかに弱い。
そう思っていたら、愛知県で態調査が行われて、その結果が発表になっていた。奥三河地方で、2年がかりで地形や地質のほか、植生などの状況を調べ、希少種を確認した「奥山環境カルテ」を作成したのである。

その中で注目したいのは、奥山は8割近くがスギやヒノキの人工林なのにもかかわらず、県の「レッドデータブック2009」に載った絶滅の恐れがある植物587種のうち304種、コケ植物も68種のうち45種が生息していた事実だ。
動物では哺乳類18種、鳥類40種、昆虫60種など、希少種の半数程度が確認されたという。

厳密には人工林だけではないが、人工林でも十分生物多様性が保たれていることの証明になるのではないか。

私は、人工林を古くから作っていた吉野でも調査しないか、と内々に言ってきた。
もしかしたら、吉野のスギ林は、速水林業のヒノキ林以上の生物多様性が発見されるかもしれない。その可能性は十分ある。実際、林地を歩いたら、速水の森よりも吉野の巨木の森の方が、豊かに感じたからだ。
そうなれば、人工林のイメージを一新できるはずだ。また生産物である木材の付加価値になるだろう。

もっと各地でも調査すべきだろう。

 

« 国産材取引サイト「林サク」 | トップページ | 『森を歩く』書評・朝日新聞 »

森林資源」カテゴリの記事

コメント

まあ、なんとタイムリーな。

ウチの九州の山でも、今秋から数年かけて環境調査始める予定です。皆伐は何かと叩かれる傾向がありますが、多様性という視点からすると、適度に皆伐地or弱齢林が分布していた方が良いはずです。

そういう意味で、南九州で調査すると意外に面白いデータがとれるのではないかな、と。

もっとも内部調査なので、データの信憑性を問われるかも知れませんが。やっぱりどこかの大学とかに関わってもらった方が良いのかな。。

それは、よかった。暖帯の九州のデータは面白くなりそうです。
調査は、信頼のある第三者機関がベストでしょうが、完全に情報公開をすれば、問題ないはずです。
できれば人工林区域をしっかり区切って調査してもらいたいですね。そして天然林区域と対象させられれば。

なんだか羨ましい限りです。

こうした科学的な調査をこっちのモデル団地でやって欲しいと節に願います。

森林組合にしろ、木材生産業者にしろ、木を伐ることしか興味がないような人が多くて毎日残念に思ってます。

だからといって自前でやってちゃ社会的な動きにつなげるには限界はあるし、そもそも徒事者の意識改革には繋がらない。

こういうときこそ、頼みの綱であるはずの試験研究機関の出番ですが、たまたま人事異動で担当することになった実態を知らない公務員の鑑みたいな本課の人に予算の面で妨げられちゃうので、正直なところ期待薄。

というわけで、最近は一般の有志で活躍している人を!とマジメに探し始めてます。

どこかに良い伝手は無いか、真剣に悩んでるところです。

たしかに調査は、公的機関がするのが一番でしょうが、いっそのこと民間有志の、自然観察グループなどの協力を得てやってもいいでしょうね。
なにしろ誰もやっていない地域なら、それだけで価値が出る。あとはマスコミをいかに利用するか、です。

希望としては、同一地域の天然林、人工林と区分するだけでなく、手入れされた人工林、放置人工林も分けてやってほしいな。
私は、放置人工林の中にも、かなりの生物が隠れているんじゃないか……と想像しているんですが。

あれ、以前短伐期皆伐施業に賛成していませんでしたか?
生物多様性、水源涵養機能の視点から
人工林は幼齢段階から成長期、老齢段階へと変化するわけですから。
どうも、動的な視点がかけていると思われます。
それと、「天然林」。人の手がはいっています。
スギヒノキの人工林ですから、全く人の手がはいっていないスギヒノキの自然林が日本にあるかどうか、私にはわかりません。檜の天然木は
伐ったおぼえはありますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/44565736

この記事へのトラックバック一覧です: 人工林の生物多様性:

« 国産材取引サイト「林サク」 | トップページ | 『森を歩く』書評・朝日新聞 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎