無料ブログはココログ

本の紹介

« お婿さん募集中 | トップページ | 『森を歩く』書評・日本農業新聞 »

2009/04/23

田中淳夫違い

近頃、2冊も本を出されたんですね、と言われることが幾度か続いた。

私の出したのは森林療法の本だけですが……。

ミツバチの本も出版していませんでしたか?

それは、人違いです!

というようなことが続いたので、改めて記しておこう。ちなみにAmazonで私の名を検索すると、「銀座ミツバチ物語―美味しい景観づくりのススメ 」という本がヒットする。文字通り、銀座で養蜂をしている人の記録だ。テレビなどにもよく紹介されていたから、知っている人も少なくないだろう。

その著者は、まぎれもなく「田中淳夫」なのだが、その略歴を見ると、

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
田中 淳夫
(株)紙パルプ会館常務取締役。特定非営利活動法人銀座ミツバチプロジェクト副理事長。1957年東京生まれ。1979年(株)紙パルプ会館に入社。総務部長、取締役を経て、現在関係会社(株)フェニックスプラザ代表取締役兼(株)紙パルプ会館常務取締役。2006年3月、「銀座ミツバチプロジェクト」を高安和夫氏と共同で立ち上げ、2007年、特定非営利活動法人の認証を受け、NPO法人銀座ミツバチプロジェクト副理事長に就任。松屋通親交会理事、京橋消防署防火管理研究会監事、東京消防庁災害時支援ボランティア・京橋消防署コーディネーター、銀座の街研究会代表世話人、銀座食学塾世話人……

とある。別人です(笑)。私は、こんなに華麗な経歴と肩書を持っていません。

まあ、私もミツバチの本を書こうと動いたこともあったし、拙著の中で触れたことも幾度かあった。テーマ的には私の扱う内容に近いので、違和感なく私の本と思ってしまう人もいるのだろう。

一度会ってみたいものである。同姓同名の人に。この人を、私がインタビューして執筆したら、面白い本が書けそうだ(^o^)。三人称が、いつの間にやら一人称になったりして。

ちなみに、田中淳夫名の本は、ほかにも
「鋼構造の接合―ワンポイント=建築技術」とか「送電線路の碍子耐塩塵害設計と保守」という本を書いた人もいる(^^;)。

« お婿さん募集中 | トップページ | 『森を歩く』書評・日本農業新聞 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

アハハーヽ(´▽`)/。こんなことってホントにあるんですねぇ。是非是非、ミツバチ本を共同執筆で(^^;)。

あるんです(笑)。
今、世界的にミツバチの激減が問題となっていますから、結構タイムリーでしょうね。

http://www.socio-design.jp/2008/tanaka-081229-1.html

ミツバチのほうは,この↑方ですね.

田中さん,随分風貌が変わられましたね(違)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/44767658

この記事へのトラックバック一覧です: 田中淳夫違い:

« お婿さん募集中 | トップページ | 『森を歩く』書評・日本農業新聞 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎