無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 林業はニッチ産業 | トップページ | 「伐り捨て間伐」の取材 »

2009/05/07

龍の瞳

龍の瞳
終日、雨。
岐阜県の下呂温泉に向かう。山あいのしっとりした温泉町もいいが、目的は「龍の瞳」の取材なのだ。
…これだけで何のことかわかったら凄い(笑)。

ちなみに今回は日帰り。帰る前、温泉だけは慌ただしく入った。

« 林業はニッチ産業 | トップページ | 「伐り捨て間伐」の取材 »

コメント

なんと、今日はこちらにお越しでしたか!

さてさて、本日は生憎の雨でしたが、雨の鄙びた(というより廃れつつあるか?)温泉街は如何でしたでしょうか。

時間と心と財布に余裕があれば、ゆっくり滞在したい場所ではありますから、次回は是非とも宿泊をお勧めします。
特に、夜の露天風呂って、気持ちが良いですからね。
(あ、でも今日は雨か。)

さて、下呂市は旧益田郡5町村が合併して誕生した新市ですが、かつてこのあたりは益田林業と呼ばれ、視察が全国からやって来るほどの林業先進地として名を馳せていました。

ですが今は昔。

実は優良材生産に少しだけ拘りが強かったため、県内での存在感は低下しつつあります。

資源量は過去の保育実績を含めて申し分ありません。
木材生産の実績も、今もなおそれなりにあります。(国有林中心ですけど)

だからこそ、この地域への期待も大きいのですが、前述のこともあって、イマイチ飛躍出来ないでいるようです。

とまぁ、事前に情報提供できればその辺りも一緒に周辺取材していただけたかも知れませんね。

では。

私の訪れたのは、下呂と言っても合併した萩原町ですから、残念ながらひなびた?温泉街は歩けませんでした。それに取材テーマがお米ですから。白鷺の湯だけ、駆け足でつかりました。

本当は一泊して楽しむ予定だったんだけど、今日も仕事が入ってしまったので。それに一人で温泉宿に泊まるのは寂しい(^^;)。

大きい粒のお米 でしたっけ?

よくご存じですね。そう、大きさもさることながら、日本一の食味の米です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍の瞳:

« 林業はニッチ産業 | トップページ | 「伐り捨て間伐」の取材 »

April 2020
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎