無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 座繰り | トップページ | 帰宅しました »

2009/07/28

ご神木

ご神木
長野県上田市の科野大宮には、元禄5年に枯死したご神木を保存していた。
三百年もの間、腐らせずに残したのだから、たいしたものである。

« 座繰り | トップページ | 帰宅しました »

コメント

田中さんへ

そのご神木は、杉ですか?
大変興味がありますので、教えてください。

検索したら、わかりました!
欅(けやき)でした!

 「社殿の横には、既にとうの昔に枯れてしまった切株も大切に保存されている。説明板によれば、元禄時代(1688〜1704)に枯死した大ケヤキで、目通りは8.8mあったという。「槻の御神木」と名付けられている」

素早いですね(笑)。そのとおり、ケヤキです。ただ表示には「槻の木」とあり、これはケヤキの変種とありました。
屋根をかけて、雨から切り株を守って腐らないようにしたそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 座繰り | トップページ | 帰宅しました »

June 2020
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と林業と田舎