無料ブログはココログ

本の紹介

« 「食育は大嫌い」 | トップページ | ルーマニアの木材 »

2009/08/06

林業生産専門技術者養成プログラム

鹿児島大が開いている「林業生産専門技術者養成プログラム」本年度2回目の受講生を募集している。9月より「本年度第二回目が行われるのだ。

私も昨年、一部を受講したものだ。全15回に渡って、作業道の設計から間伐、作業システム、事業体経営、そして木材流通まで実技と講義を交えて学ぶものだ。通称は「学び直し」と語られる。つまり、林業関係者に、基礎から林業に関わる最新の情報や技術を身につけるためのプログラムだ。

実は本年度第一回目は、大分県の日田で実施している。つまり鹿児島を離れて開催したわけだ。結果的には19名の受講生を迎えたという。今回は,再び鹿児島会場で実施されるが、定員10人だ。

門外漢の私がいうのもナンだが、プログラムの内容は、林学の基礎だろう。だが、最新の情報であり技術だ。しかも現場第一線の講師が揃っている。作業道の開設の考え方なんて、理論がガラリと変わっていた。

募集要項には「本プログラムは技術習得というよりは新しい知識と考え方を身につけるためのもの」とある。林業の素材生産分野の人材養成が目的と言えるだろう。

鹿児島会場は誰にでも通える距離ではないが(もっとも、それが東京、大阪だって、全国各地からすれば同じことだ)、無料(^^;)だし、興味のある方は、問い合わせてみたら。

Img056

詳しい要項は、まずこのチラシから。

« 「食育は大嫌い」 | トップページ | ルーマニアの木材 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

文部科学省の、社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラムの一環ですね。
森林以外にもいろんなプログラムがあって、林業に活用できそうなものがないか探してしまいます。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/09/08082903/002.htm
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/07/07072304/002.htm

そう、文部科学省の事業なんですね。農水系でないことがミソ(^^;)。
「学び直し」という発想は、少子化ゆえなのか、時代の動きについていくために必要なことなのか……。

私も受講してみたい項目がいろいろあるなあ。

ところで、私も今度、兵庫県の但馬でまた「森林ビジネス塾」を主宰します。こちらは、「森林・林業活性化プランナー養成講座」。企画立案と、そのプレゼンテーション技術を身につけるものです。女子大生の会議と合わせて、講座、いろいろ開きます(^o^)。

学び直し事業なんだから、ミソでもなんでもないと思うけど・・

但馬での講座、面白そうですね。特に若い人に、企画立案やプレゼンどんどんやってもらいたいです。
プレゼンて、下手すると口だけになっちゃいますけど、相手にしっかり伝える、共感してもらうってことはやはりとても大事だと思います。

大勢になればなるほど、共感って難しいですけど、小さいスケールからスタートして、そのうち日本全国の代弁&共感も得られるようになってほしいなー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「食育は大嫌い」 | トップページ | ルーマニアの木材 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎