無料ブログはココログ

本の紹介

« 木ロウソク・ボイラー | トップページ | この木、何の木? »

2009/10/15

ミツバチ激減と農薬

養蜂の取材を行った。

この養蜂家とは、楽しいハチミツの話もいっぱいして、それは面白かったのだが、先に話題になったのは、やはり昨年ぐらいから世界的な問題になっているミツバチの激減。急に巣からミツバチが消えた、と騒がれている問題だ。

現在の報道では、ダニやら電磁波や地球温暖化まだ持ち出し様々な可能性を並べて、「結局、決め手になる原因はわかりませんでした」という内容で終わっている。

が、なんのことはない、答は出ているのだという。

それはニコチノイド系の農薬である。これにやられてハチは死んでいくらしい。

すでに死んだハチが見つかっており、それを調査した結果、ニコチノイド系農薬が検出されているというのだ。それは北海道や東北のこと。そして、農協側がそれを認めて賠償金を養蜂家に払っている。ここまで因果関係がはっきりして、両者が認めているのである。

こんなこというと、またぞろ、環境ゴロが書き散らしたトンデモ本(たとえば「悪魔の新・農薬「ネオニコチノイド」―ミツバチが消えた「沈黙の夏」など)が世情を賑わせている。

こんな本は読むに値せず、私なんぞ書店で立ち読みして投げ出した(^^;)。

ゴルフ場は自然がいっぱい』で農薬の心配は薄れたと書きながら、ここでは農薬批判かよ、と思われるかもしれないが、ちょっと意味か違う。

簡単にニコチノイド系農薬を説明すると、これは節足動物の神経に効く。これまでの有機リン系の農薬は、選択性が作られていて、ある程度定められた害虫だけに効くことに対して、たいていの虫には有効だ。言い換えると、虫ならなんでも殺してしまう。しかし、人間などセキツイ動物には何ら影響が出ない。地下水も汚染しない。

つまり、人間には無害で、虫なら何でも効くから、いちいち何の害虫にはどの農薬、と考えずに散布できて、農家にとって非常に便利なのだ。逆に言えば、せっかく選択性を高めて特定の害虫だけに効く農薬を開発してきたこれまでの方向性を変えてしまう代物だ。

この点、トンデモ本は、人間にも危険とあおっているのは間違っている。

そして、本当の問題は、農薬にあるのではなく、散布側にあった。

実はこの農薬は、全国各地で散布されているが、どこでもミツバチに害を出しているわけではないそうだ。日本なら東北-北海道が問題なのである。
その理由は、この地域の水田では、無人ヘリを採用していることにある。ヘリに農薬を積み込む場合は、農薬を水に溶かさず、粉末状のものをそのまま使う。その方か圧倒的に軽いからだ。

ところが、粉末農薬は軽いゆえに風に乗り、何キロも飛んで行く。養蜂家がハチを離しているところは農薬散布をしないように地元と協定を結んでいるが、その範囲を越えて飛散する。そのためミツバチに被害が広まったというのだ。事実、通常の水溶液にして水田に播いているところでは、ほぼ被害は出ていない。

つまり散布方法に問題がある……あまりに簡単な解答である。農薬を責める前に、やることがあるだろう、という話になってしまう。

それをなぜ、報道しないのか。この点については、また改めて。

« 木ロウソク・ボイラー | トップページ | この木、何の木? »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。

ミツバチの話は以前ネットのニュースで気になっていたのですが、答えまで書いてありませんでした。農薬だったのですねえ。外来種のミツバチは死んじゃってるけど、日本古来のミツバチは大丈夫とかってきいたけど、ウソみたいですね。

ニホンミツバチも、きっと死んでいますよ。ただ気がつかないだけで。
こうして受粉昆虫がどんどん減っていくと、いつか実りが失われるのではないか心配です。

でも、農家は便利で楽なニコチノイド系農薬を止められないだろうし、無人ヘリ散布も止めないのでしょうね。

初めまして。


>つまり散布方法に問題がある……あまりに簡単な解答である。農薬を責める前に、やることがあるだろう、という話になってしまう。


農業に関わっていた者です。
農薬については、やはり問題があるだろうと思っています。

人間の治療薬でさえ、体に副作用があります。
まして、殺虫ですから。


ネオニコチノイド農薬が昆虫だけに影響があり、人間には無いといいきれるものかどうか。

複合汚染という問題もあるでしょうし、下記のような指摘もあって、単に「散布方法に問題がある」

とは言い切れないと思っています。


新農薬ネオニコチノイドのヒト脳への影響
http://www.kokumin-kaigi.org/newsletter/newsletter_58.pdf


原因不明の人間の病気も山ほどありますし。

いやあ、ご紹介の冊子を見たら、私が登場していて焦りましたよ(^^;)。もちろん同姓同名の方ですが。

正直言って、さほど新しいことは書かれていないですね。虫を殺すから人にも危険というのは乱暴です。
それに私は、この農薬に問題がないとは言っていないのですよ。ただ、通常の水溶液散布なら、数十メートル単位、せいぜい100メートル程度しか拡散しなかったものが、粉末の空中散布のために数十㎞単位で農薬が空気中を漂って被害を出していることを指摘しているのです。これはヘリ散布を止めれば、被害の大半(全部ではない)を防げることを意味します。

>それをなぜ、報道しないのか。この点については、また改めて。

 趣味で蜜蜂を飼育しているのでとても気になります。

忘れてた(^^;)。

養蜂家から聞いた話の裏を取るのが難しいので、書くには工夫がいります。

とりあえず状況だけ紹介しましょう。
まずハチの研究者たちと原因究明をしていて、例の農薬問題に突き当たったのだけど、肝心の研究者がマスコミの取材を受けると、そのことはしゃべらせてもらえない。とくにNHKでは、その農薬について事前にしゃべるな、と釘をさされる。話すとカットしてしまう……。
さて、なぜでしょう? 

>さて、なぜでしょう?
 農薬なしには農業が成り立たない状況なのでしょうか? もしくは、農協が困るとか?

>さて、なぜでしょう? 
マスコミは単純な二元論が好きなようですから。
やや込みいった説明をしようとすると昨今の女子アナ程度の知性では理解不能。したがって説明もできないと・・・
穿ちすぎ?

ここからは推察でしかないのですが、ニコチノイド系農薬を否定されては困る人々がいることは間違いないです。農協? よりメーカーとか。

これは自民党政権下のことですが、政治家も動いたんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/46490095

この記事へのトラックバック一覧です: ミツバチ激減と農薬:

« 木ロウソク・ボイラー | トップページ | この木、何の木? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎