無料ブログはココログ

本の紹介

« 箸の伏兵 | トップページ | 木ロウソク・ボイラー »

2009/10/13

中世の建築

福井では、駆け足ながら「一乗谷」を訪れた。

戦国時代の越前朝倉家3代が拠点とした土地だ。あえて狭い谷に町を築き、要害の地としたのだが、織田信長に攻め滅ぼされたのは知ってのとおり。

その土地が、中世城郭都市の遺構をほとんどそのまま残すとして、国の特別史跡となっている。現在も発掘が続いているが、一部は復元されて、中世の街並みを再現していることで知られる。

001   

これは町人の家らしい。

002

これが表通り。まさに土と木でできた町並だ。屋根は瓦ではなく、板葺きで石が乗せられている。色もなく、土と石と、くすんだ木材だけ。木はヒノキやマツが多いという。一部にはクリ材も使われている。

かつての日本の町は、こんな具合に地味だったのだろうか。

しかも、この時代には縦鋸もカンナもなく、主に手斧やヤリガンナで丸太を削り、割り、角材を作ったそうだ。

実際、この復元家屋にも手斧の跡が残っていた。写真を拡大してみると、

Photo_2

手斧の跡がわかるだろうか。なかなか細かなところまでこだわっている。

« 箸の伏兵 | トップページ | 木ロウソク・ボイラー »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。これが日本の林業にとって福音になるといいのですが。
http://critic6.blog63.fc2.com/blog-entry-159.html

経済発展が続く中国などのアジアの国々は、木材が近い将来、不足しはじめるのでは?
そう遠くない将来に、本格的に中国等に木材の輸出が出来るようになるのでは?
そうなればいいなと思っています。

早々

菅直人議員は、民主党の中でかなりの林業通の一人ですね。多少付け焼き刃の気配はありますが(^^;)。
建設業界からの林業参入を期待するのはいいのですが、なかなか心理的な壁は大きいようです。

中国はすでに木材が足りずに大量に輸入していますが、なかなか日本材にならないのは価格の問題だけかなあ。営業が足りない気がしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/46475452

この記事へのトラックバック一覧です: 中世の建築:

« 箸の伏兵 | トップページ | 木ロウソク・ボイラー »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎