無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 森林の市in大阪 | トップページ | 中世の建築 »

2009/10/11

箸の伏兵

箸の伏兵
福井で割り箸の講演を行う、割り箸と塗り箸は、共闘して、ブラスチック箸と竹割箸を排除すべき、という持論を展開、聴衆の反応は上々だった。

今晩は、敦賀泊。夜は居酒屋に繰り出す。入った店は、プラスチック箸だった〓。しまった、マイ割りばしは、会場で配ってしまってもうない。そこで店に割りばしを要求する。
…出てきたのは、竹割りばしだった。

« 森林の市in大阪 | トップページ | 中世の建築 »

コメント

偶然の一致にしては、話が出来過ぎですよ。

まさに、事実は小説より奇なり、を地で行ってますね。

講演終了後に、飲み屋で無言の反論ですね!

そこは間違いなく福井県でした!

ひるまずに、杉の割り箸ないですか?
と、言うべきでしたね。

その飲み屋、ひょっとして田中さんの講演を聴いた方かも?

竹割り箸が出てきた時点で既にビールが半分消費されているところを見ると、講演がうまく行ったようで何よりです。

目のつけどころが……(^^;)。

実は2杯目です。この店はイマイチだったので、次また別の店に行きました\(^o^)/。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箸の伏兵:

« 森林の市in大阪 | トップページ | 中世の建築 »

January 2022
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と筆者の関連リンク先