無料ブログはココログ

本の紹介

« 雨の表参道 | トップページ | 森の名手・名人フォーラムin吉野 »

2009/11/20

割り箸戦線異常あり

東京の土産話もいろいろあるのだけど……。

先のコメントにもあったように、私が帰りの新幹線に乗っているころ、テレビ番組で割り箸が取り上げられたらしい。「サプライズ」という番組の中の1コーナーである。

そこで私も、割り箸が次々と樹脂箸に置き換えられていくことへの怒りを訴えたわけだが、さすがに全国放送である。今日は、放映を見た割り箸関係者から相次ぎ電話をいただいた。

皆さん、喜んでくださるとともに、現状への怒りと不安を口にした。たしかに割り箸需要はどんどん落ちている。外食産業そのものが割り箸離れを起こしているからだ。

そこで聞いた情報の一つ。

割り箸輸入月統計によると、近頃は中国からの輸入が数年前からすると半減している。

これを年ベースに置き換えると、これまで250億膳輸入していた割り箸が、今年は120億~130億膳程度になるだろうということだ。とくに中国製が急減している。一部は、中国以外の国に移ったことが考えられる(中国が輸入関税を上げて、輸入禁止を匂わせたため、ロシアやベトナム、チリ……など他国に分散したことがある)が、基本的に日本の需要が減ったことは間違いない。

これだけの劇的な減少は、これまでにない。本当に日本人が外食を減らして割り箸を使わなくなったのなら、それはそれで新たな文化・経済状況に入ったとあきらめもつくが、おそらくそうではない。石油で作った樹脂箸に取って代わられているのだ。

ともあれ、いくつか新しい動きや提案もあった。今後の出方を考えよう。

« 雨の表参道 | トップページ | 森の名手・名人フォーラムin吉野 »

割り箸」カテゴリの記事

コメント

田中さんへ

21、22日に京都の伏見区にあるパルスプラザ京都で、環境フェステバル2009が開かれます。そこで、わが女子大学の学生達が取り組んでいる「わりばし1膳の革命」活動を紹介していますので、ぜひお時間があればおいで下さい。
近鉄の丹波橋の次の駅、竹田(普通停車駅)で下車されれば、会場までは無料の送迎バスが出ております。5分でつきます。
開催時間は、両日とも10:00〜16:00です。
「わりばし1膳の革命」活動についてのポスター発表は、46番のブースです。

国産の割り箸をもっと使うことが、エコであると訴えています。
そして、新しい広告システムを考案した、大阪のライフ・ワークス(株)とコラボラーションした会社、シバリワ株式会社を女子大生が立ち上げてました!!
是非一度、ご覧ください。
私は、22日の午後2時過ぎに会場に行く予定です。

わりばし1膳の革命の最終目標は、もっと国産の割箸を使う事で、林業の活性化と森林の再生を目指す事です。

林野庁やその外郭団体の活木活木ネットワークなどは、一応間伐材の割箸をもっと広めようと言う運動、姿勢?はしているようですが、中国産の割箸を国産の割り箸に替える仕組みは提案していません。

新しい実用新案の箸袋付きの国産割箸を使った広告ビジネスを考えだして、今までの安い中国産割り箸を国産の割箸に置き換えるビジネスを展開する会社が出現しました。大坂のライフ・ワークス(株)という会社です。
その会社とコラボラーションしながら、女子大生が国産の割箸を広める会社をたちあげます。
その会社の名前は、SHIBARIWA Co.Ltd です。
シバリワ株式会社です。詳しくは、パルスプラザ京都でご覧下さい。22日の午後なら、ライフ・ワークス(株)の社長、国産の間伐材割箸を提供する(株)シンワの社長も来る予定です。


明日……というより今日ですね。残念ながら、別件があるのです。22日も……。

でも、興味深いです。ぜひレポート期待しています。
そして、女子大生が立ち上げた会社についても教えてください。女子大生ネタは大好き……じゃなくて、起業ネタは大好きです(^o^)。

割り箸問題は、原点にもどって戦線を立ち直らせる必要があります。
現不況下では、とにかく安いものへと傾斜しています。CSRも厳しい。そして広告も激減しているから、アドバシ作戦だけでは窮地に陥るでしょう。

そこで考えるべきは、まず国産割り箸を安く生産できないか洗い出すこと。次に樹脂箸の反環境性をアピールすること。CO2排出削減をしようというときに、石油製品を増やしてよいわけがない。
私も、作戦を練り直します!

そうです、プラ箸には「NO!」と言いましょう!
大きな声で「国産の割りばしを下さい!」と

私は、ファミレス、居酒屋で実践してます。

ところでわが県の県庁内の食堂がプラ箸を出しているらしいです。
まぁなんと情けない事でしょうか。
やはり地元から盛り上げないとね。

奈良県庁の食堂ですか?

本当なら、情けない……。自県が割り箸産地であることを自覚していないのでしょうか。

せんとくんにも、割り箸を持たせるべきです!

割り箸ネタは、皆さん、敏感ですね。

久しぶりにこどもたちと居酒屋に食事に行きました。出てきた箸がプラスチックです。すぐに割り箸に変えてもらうように話をしましたが、多分この傾向は、収まらないでしょう。

親類の旅館にもプラスチック箸の方が経費が抑えれれると売り込んでいるそうです。

口に入れるものですから、幾ら洗っても…と考えるのですが、エコ称してと経費削減になるという理屈には、どこかに飛んでいってしまうのでしょうか?

しかし、プラスチックの箸も五角形をしていたり、箸先を滑らないように加工していたり、工夫をしています。

日本の割り箸も技術革新が必要かもしれません。ちょっと長くして「焼肉専用割り箸」とかプラスチック箸に前のできないような工夫が欲しいものです。

田中さんへ

どうも、残念な事に、まだまだ世間ではプラスックの塗箸がエコだと思われているようです。

塗箸は、お皿等の食器と一緒に洗浄され、洗剤と大量の水を使用して、その後煮沸して消毒して、乾燥して使用する訳ですし、人間が必要ですから、実はかなりの経費が1膳あたりかかっていると思います。

実際に塗箸1膳当りでどのくらいの経費がかかるか試算して貰ってますが、割り箸の方が経費的にも安いと思うのですが、世間は未だに塗箸がエコと思っているようです。

何とか、割り箸を再発見させたいと考えて、「わりばし1膳の革命」運動を始めております。

まあ、ウイルス病が流行して、使い回しの食器がダメということにならないと、世間では衛生的でない使い回しのプラスックの塗箸を使い続けるのでしょうね。
国産間伐材の杉の割り箸の方が、実は経費が安くて、かつ衛生的であると気づかないのでしょうね。

熊本県庁の地下食堂では、県産間伐材のスギ割り箸でした。奈良県庁よりはましなようですね。

私も小規模なレストランをやっておりますが、もちろん同じ割り箸を使っています。水俣で買えば、中国産が2.5円でスギは4円くらいで、私くらい零細ならばさほど気にならない価格です。

プラ箸の材料をちょこっと見てみたら、SPS樹脂が多いとか。ポリスチレンに違いはないから、不純物として入っているスチレンダイマーとかスチレントリマーの毒性(急性毒性は問題ないレベルですが、慢性毒性の方ですな)は大丈夫なんでしょうかね。カップヌードルはこういう不安を頑強にはねつけてポリスチレン容器を使っていましたが、昨年あたりから紙容器に変えて、「環境に良い容器に変えました』とホームページでは説明していました。

割り箸vs樹脂箸のネタは尽きませんね。

これまでのように、割り箸、とくに国産割り箸の良さを伝えるだけではダメで、もっと樹脂箸の反エコ性をもっと訴えないといけません。
石油製品である合成樹脂のCO2排出量の算定とか、いろいろな切り口があると思います。

価格の問題は、本当に樹脂箸の方が安いのか疑問もあるのですが、人件費は現在の雇用情勢の中で安く抑えられることが影響しているんじゃないかと感じています。

それにおっしゃる通り、大規模チェーンの場合は経済原理で動いてしまいますが、小規模飲食店はほとんど負担は感じないはずですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 割り箸戦線異常あり:

« 雨の表参道 | トップページ | 森の名手・名人フォーラムin吉野 »

May 2019
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎