無料ブログはココログ

本の紹介

« 3倍速杉苗のその後 | トップページ | 巨木シイタケ »

2009/11/03

稲刈りと複合経営

今日は祝日だった。世間は休みなんだなあ。

島根県で訪ねた奥出雲町。そこで案内された人の田んぼを見た。

Photo                                                   

                                                 

写真のとおり、田んぼの一部に刈り残しがある。これは何かと尋ねたら、
「稲刈りの時、そこの稲だけまだ青くて成熟が足りなかったから」
という。ちゃんと稲穂を観察して、刈り取る穂を選んでいるのだ。これが大型稲刈り機、コンバインなどだったら、そんな真似はできないだろう。この田んぼは、有機栽培米だから、ていねいな手法を取っているらしい。

刈り残したところは、水の取水口近くで、水分が多いことが成熟を遅らせたのではないか、というが、こうしたきめ細やかな気遣いが日本の農家の真髄かもしれないぁ。

ちなみに、この方は、十数ヘクタールの山林をもつ林家でもある。少し見せてもらったが、管理が行き届き、そのうえ林床にはアテ(ヒバ)が植えられていた。そしてウシも飼っている。また、改めて紹介したいと思っているが、シイタケ栽培を行い、今度は製材も始めた。

まさに農林畜産複合経営だ。いずれも規模は小さい。しかし、小規模ゆえの有機低農薬栽培の取組や、自慢のシイタケ・ナメタケを見せられると、規模ゆえの経営の仕方があることを感じる。
たとえば始めたばかりの製材は、材をどこへ売るか決まっていないという。まだ乾燥中なのだ。一見場当たり的な新規事業だが、心配しなくても1年に1棟くらいの材木量なら、口コミで捌け口が確保されるだろう。急がないのだ。

8                                                   

家族経営ならではの、小回りの利く、複合経営である。

新生産システムなんぞとは、正反対の方向性かもしれない。

« 3倍速杉苗のその後 | トップページ | 巨木シイタケ »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/46659812

この記事へのトラックバック一覧です: 稲刈りと複合経営:

« 3倍速杉苗のその後 | トップページ | 巨木シイタケ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎