無料ブログはココログ

本の紹介

« 言行?原稿?不一致(^^;)  | トップページ | 木心の消臭材と就職戦線 »

2009/12/05

北洋材はどこへ行く

富山県の木材卸・製材業の「江守」が、破産手続きを開始したというニュース。関連会社の建材卸「江守建材工業」も、民事再生法の適用を申請したという。江守は1931年創業で、ロシア産の「北洋材」の加工販売を中心に手がけてきた老舗である。

負債総額は江守が約27億円、江守建材工業が約4億4000万円。

なんで、こんなニュースを取り上げるかというと、先月富山を訪れた際に、北洋材の現場を見せてもらっていたからだ。訪れたところで常に開口一番言われることは、「うちは、国の援助を何も受けずにやってきたんだ」。

そう、富山は北洋材の一大基地だが、それはまったくの民間ベースで発展した産業だ。彼らから見ると、補助金をジャブジャブつぎ込まれている国産材なんて、ライバルにもならない格下と見ている。023

だからセリフは、恨み節であると同時に、誇りでもあるのだろう。

だからロシアが関税をどんどん値上げしても、国産材にシフトしようとはなかなか思わないらしい。むしろ、ロシアに製材工場を建設する道を選んだ企業もある。

とはいえ、淘汰は進んでいる。さて、今後の北洋材の行方が気になる。

« 言行?原稿?不一致(^^;)  | トップページ | 木心の消臭材と就職戦線 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/46945531

この記事へのトラックバック一覧です: 北洋材はどこへ行く:

« 言行?原稿?不一致(^^;)  | トップページ | 木心の消臭材と就職戦線 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎