無料ブログはココログ

本の紹介

« 著者インタビュー『ゴルフ場は自然がいっぱい』 | トップページ | 土倉庄三郎の末裔 »

2009/12/20

男鹿和雄展

昨日は、神戸で某飲み会に参加。

で、その前に兵庫県立美術館で開催中の「男鹿和雄の世界~ジブリの絵職人」展を覗いた。

001_2                                                  

これは、いうまでもなく「トトロ」の“さつきとメイの家”

                                                 

002_2                                                  

もちろん、トトロの棲む大木。

これらの写真は、「撮っていいよ」と書いてあった看板。 

                                                                                      

この展覧会についての感想は別のところに書くとして、ジブリのアニメの背景には、つくづく里山空間が多用されていることに気づく。

「となりのトトロ」だけではないのだ。「おもひでポロポロ」は東北の田舎、「平成狸合戦ぽんぽこ」は、東京郊外の里山だ。さらに「もののけ姫」も、原生林から雑木林への変化だし、「魔女の宅急便」や「紅の豚」は西洋の田園風景がよく登場する。そして、「千と千尋の神隠し」さえ、その入り口は里山であり、古い街の外に広がる草原である。

ちなみに、トトロが住んでいる巨木のウロを再現しているコーナーが大人気であった。全然絵画展じゃねえや(笑)。

« 著者インタビュー『ゴルフ場は自然がいっぱい』 | トップページ | 土倉庄三郎の末裔 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

いいですね~行けて♪
ボクもジブリ大好きなので
行きたかったなぁ・・・。

今、自分の部屋を「小ジブリ美術館」
にしようとしています(笑)

よかったら、ブログに見に来てくださいね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/47068813

この記事へのトラックバック一覧です: 男鹿和雄展:

« 著者インタビュー『ゴルフ場は自然がいっぱい』 | トップページ | 土倉庄三郎の末裔 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎