September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 農林漁業専門書店 | トップページ | 日本一のチェンソーアートの街? »

2010/01/28

日本再生酒場の割り箸

先の東京遠征(^^;)で、発見した高級割り箸を使う立ち飲み屋について、もう少し詳しく紹介しよう。

私が訪れたのは、新宿3丁目ホルモン横丁である。末広亭の隣と言ってもよい立地。

4

ここには4つの店が入っている。日本再生酒場、ハラミ屋、まぐろ屋、ホルモン豚や三八……。まあ、私はお店の宣伝をしようと思っているわけではないので、内容についてはおいておく、ようするに全部モツ系の料理屋である。全部ではないが、だいたい立ち飲み形式の店だ。

これらの店を経営しているのは、い志井グループ。立ち飲み・モツ焼きを売り物にしており、「日本再生」を店名にするなど、なかなか斬新なポリシーがあるらしい。

しかし、立ち飲みとは、安さが命。実際、価格はかなり抑えめと感じた。

そこに高級割り箸である。天削げの、おそらく吉野産だろう。仮に吉野でなくても、木目の詰んだよい木を使っている。当然、価格も高いはず。

私は、国産割り箸論者だが、TPOは考えるので、こうした立ち飲み屋で、中国割り箸が出ても文句は言わない。塗り箸だっていい。さすがにプラスチック箸は嫌だが。
だから、こういう店で、この割り箸が出たのには感激した。しかも、カウンターの引き出し式であることもおしゃれ。

い志井グループのホームページを見たが、とくに環境とか、割り箸について触れているコーナーはなかった。だから、果たしてどうしたポリシーで高級割り箸を使うのかわからない。

しかし、「日本再生」という名を使うほどなのだから、オーナーが日本の山にも目を配っていると信じたい(^o^)。

Photo

ちなみに、2月27日に大阪で、3月8日には東京で、割り箸に関するセミナーが開催されます。講師は私ほかが務めます。「講義」をすることになっているようです(笑)。

« 農林漁業専門書店 | トップページ | 日本一のチェンソーアートの街? »

割り箸」カテゴリの記事

コメント

田中様

2月27日に大阪で、3月8日には東京で、割り箸に関するセミナーが開催されます。
とありますが、場所と時間をお知らせくださいませんか。よろしくお願い致します。


国産割り箸オタクより(^|^)

こんにちわ。
おとといは打ち合わせで同じ場所に行っていたようですね。
割り箸つながりで2月、ビッグサイトでお待ちしています!
そしてこのお店、ぜひとも行ってまいります!!

まだ主催者から発表はないので、勝手に紹介するのは憚られるのですが……大阪は、中之島の肥後橋当たり。午後1時からです。

東京は、港区エコプラザ。ただっちさんも、ここに打ち合わせに来られていたのですね。やはりテーマは、割り箸?
ビッグサイトに割り箸展示するのは何日でしたっけ。

もちろん!
今は割り箸のことで頭がいっぱいです。
でも面白い展開になりそうです。
ビッグサイトは2月23日~26日「HOTERES JAPAN」というイベントです。「フード・ケータリングショー」と「厨房設備機器展」も合わせての合同展とのことで、かなり大きなイベントみたいです。
その中に集中展示ってことで箸ブースが出るんですよ~~。必見ですよ~~。

あら、22日は東京にいるんだった……。

3/8は港区!?思いっきり地元です.

が,前日まで鹿児島にいて当日朝帰京→そのまま職場というスケジュールだから,うーむ無理そうですねぇ.

実は22日、3月8日は、同じところで講演です。内容がダブらないようにしないと……でも、テーマがほとんど同じなんだよ(~_~;)。

 割り箸の件、興味がありましたので「い志井グループ」に問い合わせたところ回答をいただきました。

 先代からの教えで、箸の質を落としたらお客が離れてしまうとあり、その為国産の割り箸を使い続けているそうです。

 国産割り箸を置いている店は繁盛するなんてジンクスが出来れば面白いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本再生酒場の割り箸:

« 農林漁業専門書店 | トップページ | 日本一のチェンソーアートの街? »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎