無料ブログはココログ

本の紹介

« 木材需要と国産材 | トップページ | 四国の山中 »

2010/02/14

人間側の遠慮

4










生駒の宝山寺。そこに隠れた巨木がある。

ケヤキで、幹周りざっと3メートル以上。

ただ、建物の間に挟まれるように立つ。遠目には、屋根の向こうに樹冠が広がっているが、ちょっと目立たない。

当然ながら、樹が先にあり、その後で建物を建てたのだろう。たとえ、その建物の中に有り難い神様仏様が祀っていようと、この木からすると新参者に違いない。

七福神の像の脇から根元にもぐり込んでみると、傍若無人に見えた人様の所業にも、ちょっぴり遠慮が屋根の形にあった(笑)。

« 木材需要と国産材 | トップページ | 四国の山中 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/47568134

この記事へのトラックバック一覧です: 人間側の遠慮:

« 木材需要と国産材 | トップページ | 四国の山中 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎