September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« もったいない合体箸? | トップページ | 山形 »

2010/02/04

プラスチック箸の拡大

昨日の続きになるが、昨年の日本の割り箸需要はどれくらいになったか知っているだろうか。

おそらく統計的にはまだ出ていないはず。

その量を推定してみると、ロシアから毎月10億膳は入ってくるというから、ざっと年間120億膳。逆に中国製は壊滅的に激減している。なぜなら、政策的にストップをかけたから。ロシアから輸入した木材を加工して輸出することを禁止したのだ。

そんな細った中国製(とくに竹製)やベトナム製、さらにチリなど世界各国の割り箸を含めると、130億~140億膳行くかな~。国産を加えても、150億膳には届くまい。

年間250億膳の消費を誇った時代(わずか数年前だ)からは半減に近いのではないか。

もちろん不況で外食が減った影響もある。
しかし外食産業が、こぞってプラスチック箸に移ったことが大きい。なにしろプラスチック箸は、作れば作るほど安くなる。いまや、輸入割り箸より安いのだ。加えて、塗り箸のような傷はつきづらいから、何カ月でも使える。もしかして何年も使う店もあるだろう。

すると、ひととおりの店に行き渡ったところで、割り箸も塗り箸もプラスチック箸さえも需要がなくなるはすだ。

今や塗り箸業界も危ないらしい。
というのは、塗り箸もプラスチック箸に食われているからだ。塗り箸は、少なくても芯となるのは木だが、それをプラスチックにしようという動きもあるらしい。

そこで家庭内の箸にまで、プラスチック箸が進出しようとしている。

幸い若狭の塗り箸業界は、プラスチック箸に、現在の箸塗りをする技術を教えないようにしているらしいが、プラスチック業者はなんとしても技術を探し出してくるだろう。

さて、どうなる。周りを食い荒らすことで一時的に膨張し、その時点で需要がしぼんでしまえば消えていくかもしれない。

プラスチック箸とは、ブラックバスのような生態系を破壊する外来種のようである。

« もったいない合体箸? | トップページ | 山形 »

割り箸」カテゴリの記事

コメント

田中様

2009年度の輸入箸の統計が出ました。
それによれば、外国からの輸入量は約186億膳、そのうち中国産は約178億膳、全体の95%でした。
2005年度の輸入箸250億膳から見れば、今や66億膳は減少しています。
その減少分の多くがプラスチックの樹脂箸に代替されたのではないでしょうか。

もちろん、景気が悪くなり、外食産業市場が減少したこともありますが、最近の外食産業のワリバシから樹脂箸への変化の本音は、食品リサイクル法で使用済みの割り箸を廃棄物と見なされるので、それをゼロにするために樹脂箸にしたのではないかと考えています。

樹脂箸は、使い回すので、衛生的に問題があります。また、使用する水道代、光熱費に人件費等を計算したら決して割り箸よりは経費としては安くないと思いますが、キチンと必要経費を調べた調査がないので何ともいえませんが、少なくとも私はそう考えています。

安全で、安心できる国産の間伐材を使用したワリバシをドンドン使うことが→林業の活性化→森林再生→二酸化炭素の削減にも繋がることをもっと宣伝すべきですね。

高桑様、統計を見つけて下さり、ありがとうございます。


私も書き込んでから、中国産の竹箸の数字を計算に入れていなかったことに気付きました。
おそらく、それが数十億あるはずです。


ただ、中国産178億は疑問です。なぜなら中国の木材を加工した割り箸は、輸出できなくなった時期があるからです。
多分、ロシア産割り箸を中国の港から出荷したものと思います。


いずれにしても、割り箸が激減したのは間違いないでしょう。
今晩食べたラーメンも樹脂箸がでました。もちろん割り箸を要求しましたが。

田中様

おっしゃるとおりです。
中国産とは名ばかりで、おそらくロシアからの違法な伐採により作られた白樺やアスペンの箸ではないでしょうか。

また、ロシア産割り箸の昨年度輸入量は4.2億膳でした。中国産の竹箸は、約34億膳でした。

それにしても、外食産業で割り箸を使う企業が少なくて、樹脂箸を使うグループが増えているのが残念ですね。
国産の間伐材で、もっと割り箸を生産して使用する大大的なキャンペーンを始めたいものです。
林野庁も以前から二酸化炭素の削減とか、間伐材の利用を進めていますが、中々正しい方向には進んでいませんね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラスチック箸の拡大:

« もったいない合体箸? | トップページ | 山形 »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎