無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 韓国から見た日本林業 | トップページ | 木材は花だ »

2010/04/18

日本森林保健学会

久しぶりに森林療法関係の情報。

、「日本森林保健学会」が、2010年4月3日(土)に発足した。森林と人間の保健・健康について考える学会ということだが、ようは森林療法を研究実践する学会と言ってよいだろう。
もちろん中心メンバーには、上原巌・東京農業大学准教授がいる。

これまで森林セラピーだの森林医学だの、さまざまな動きがある中で、改めて学会というのはこれが初めてではないか。

すでに記したと思うが、森林セラピーを推進するNPO法人森林セラピーソサエティとは別にNPO法人日本森林療法協会というのがあったのだか、こちらも分裂して、上原さんが結成したのが「みんなの森」。今回の日本森林保健学会は、こちらの系統だと思ったらよい。

学会と言っても10人ばかりらしいが、地域医療、障害者福祉、児童福祉、環境教育などに携わる人々がメンバーで、北海道から九州までのいるらしい。

ここで何が正統派か、何が分裂の原因かなどを説明する気になれないが、残念ながら研究分野の細分化が理由ではなさそうである。せめて学問的な対立なら救いもあるが、そうでもない。全然別次元なんだなあ。

一方で、「日本奥山保全・復元学会」も設立された。こちらは嘘か誠か、会員数24000人だという。もっとも、この学会を設立したのは実質的に日本熊森協会であり、メンバーも同じである。

学会といってもピンキリで、一時期、団体名に学会を付けるのが流行ったことがある。私は以前「日本焚火学会」を取材したが、内容的には、アウトドア団体でいいやん、というものである(笑)。まあ、一応、焚火の意義や技術、歴史の研究発表を行っていたけど。

ともあれ、日本森林保健学会が、純粋に研究活動を行い、社会に還元してくれることを望む。人間関係と物欲とは無縁であれ。さもないと、森を歩いても癒されないでしょ。

« 韓国から見た日本林業 | トップページ | 木材は花だ »

森林療法・森林セラピー・木育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本森林保健学会:

« 韓国から見た日本林業 | トップページ | 木材は花だ »

November 2021
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

森と筆者の関連リンク先