無料ブログはココログ

本の紹介

« 「割り箸反撃チラシ」希望者はご連絡を | トップページ | 草食系林業 »

2010/05/07

土倉庄三郎は選挙に出馬したのか

なんだか連休の狭間気分。そこで前半の連休中に見つけた、土倉庄三郎ネタを記そう。

先日手に入れた資料に、「土倉庄三郎が、第1回衆議院選挙に出馬したが、落選した」という記述があった。これは意外だ。

庄三郎は、自由民権運動と関わりは深いが、本人が表舞台に立つことはなかった。常に裏方の支援者であり続けた。山林局局長(林野庁長官)への就任要請も断っている。
ただ、晩年に川上村の村会議員と、村長は務めている。これは選挙を行ったのかどうかわからない。当時の首長は選挙で選ばれたのかどうかもはっきりしないが、おそらく対立候補はいなかったからである。

それなのに、総選挙などに出るか?

1890年(明治22年)、国会開設が決まり、そのため初めての国会議員を選ぶため、衆議院議員選挙が行われた。南和地方(吉野郡、五條市周辺)の選挙区で立候補したのは、土倉庄三郎と、桜井徳太郎であった。

そして当選したのは、桜井である。なるほど、庄三郎は出馬して、落選したことになる。

ところが、調べているうちに面白い資料を見つけた。

土倉庄三郎は、品川内務大臣に出馬を要請されて、渋々出馬したが、議員になりたくなかったので、新聞に辞退したいという広告を載せた、というのだ。そして、対立候補の桜井徳太郎を褒めちぎった……という。

つまり、庄三郎は落選したのではなく、辞退したのである。それも新聞で公表して。

やるなあ。

今夏は、参議院選挙である。すでに裏では選挙運動が激化している。もう少しで候補者が出揃うだろう。

投票の基準には、地方の選挙区はともかく、全国が舞台の比例区では、森林・林業に関心を持つ候補者を選びたいと思っている。

« 「割り箸反撃チラシ」希望者はご連絡を | トップページ | 草食系林業 »

土倉庄三郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/48294786

この記事へのトラックバック一覧です: 土倉庄三郎は選挙に出馬したのか:

« 「割り箸反撃チラシ」希望者はご連絡を | トップページ | 草食系林業 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎