無料ブログはココログ

本の紹介

« 続・木材会館 | トップページ | 寡黙だった日本人 »

2010/05/19

山の学校

東京から福島へ足を延ばした……いや、福島へ行く途中で東京に寄っていたというべきか。

とにかく訪れたのは、いわき市の山間にある小さな集落。

実は、二度目である。前回は冬だった。こんな感じ。

Photo






Photo_2








それが、今回は、ガラリと変わった。上記2枚とほぼ同じところから撮った写真だ。

1







2_2

春! という感じ。

実は、いくら山間でも、今年は春が遅すぎたようだが、おかげで私は花見までできた。



9


山桜は散り始め、八重桜が満開だった。菜の花も咲き誇っていた。





各々前の写真は、「山の学校」だ。もちろん、現在は本当の学校ではない。かつての小学校分校は廃校になり、そこを拠点に新たな活動が行われている。

この集落のことは、雑誌の記事に書いたところだから、ここでは触れない。けれども、おそらく日本全国に同じような集落があり、同じように廃校になった学校がある。

この集落の歴史は330年あるそうだが、最初はニュータウンだったのだろう。森を切り開き、谷間を埋めて農地を造り、家を建てたのだろう。時の流れの中で変容するのもいたしかたないのかもしれない。

と、山を崩して切り開かれた現代のニュータウンを見ながら思った。そこにも、生徒数の減少で統合・廃校になった小学校がある。

« 続・木材会館 | トップページ | 寡黙だった日本人 »

地域・田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

おお。冬景色は3年前ですね。遠方までありがとうございました。
ちょうどこの時、本に書くことと同じことをブログに書くと(その逆か)著作権だかに抵触する、という話が山本一典さんから出たんですよね。
う=ん。記事が楽しみです。(^^)

自分の書いた記事が著作権がひっかかるなんて、イマイチ納得しませんなぁ。
あれは単なる朝日の投書欄担当者の考えすぎだと思いますよ。

福島へようこそ
私も福島在住です。
いわき市の山間地とのことですが田人あたりでしょうか。

いえ、川内村に近いところの峠近くの集落です。

「やまのがっこう」が有名みたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/48404416

この記事へのトラックバック一覧です: 山の学校:

« 続・木材会館 | トップページ | 寡黙だった日本人 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎