September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 浮上しました | トップページ | 森林の市・ウッドライクの商品 »

2010/05/13

マイ箸づくりキット

昨日の写真の一枚目は、東京・日比谷公園で開かれた森林の市。

私が見てきたものを、少しずつ紹介して行こう。

ここに顔を出して、いろいろな木材商品を見て回ったのだが、そこで目立ったのは、箸の販売とマイ箸づくりだった。もちろん割り箸もあるのだが、マイ箸をつくろう、というイベントが多かったのだ。やはり箸は、都会の人にとって、もっとも身近な木製品であることを痛感する。逆に、箸を越える日常的な木製品は見つからなかった。

052
なかなか人気のようだ。人だかりがしている。

写真は、活木活木森ネットワークのブース。

もちろん、こうした場だから、どんな箸も木製である。だから割り箸でなくても敵意を見せることはない(笑)。

そして……とうとう私もマイ箸づくりにチャレンジしたのである!

これまで飽きるほど?割り箸づくりの現場は見学してきたが、実際に自分で作る経験はない。そりゃ、山に行って、その場で雑木を削って箸を作ることはあるけど。

初マイ箸

なんとなく、禁断の言葉だ(~_~;)。

そこで目にしたのが、マイ箸づくりキットである。

いきなり木片を削って箸にするわけではなく、誰でも箸造りを簡単にできるキットがあったのだ。それも各所で工夫されたものを目にしたが、もっとも斬新かつ簡単なものが、以下のチラシのものだった。非常に考えられたもので、木片をセットして順番にカンナで各面を削るだけで、先が細い箸ができるのである。

Photo



作ったのは、酒井産業という長野県塩尻市の会社。

ここでは、なんと「木育」に関する商品ラインナップがある。なかにはスプーンづくりキット紙芝居キット……そしてヒノキの丸太(皮つき)まで販売しているそうだ。

そうか、木育とは最近よく言われるようになったが、実際のメニューはまだ少なく、また実施するにも材料の調達、講師の確保などに苦労する話を聞く。それを簡単にできるセットにしてマニュアル付きにすれば、需要はあるだろう。

木材商品でありながら、木育商品。こんな切り口もあったか。

« 浮上しました | トップページ | 森林の市・ウッドライクの商品 »

割り箸」カテゴリの記事

コメント

昨年の「ホビーショー」でこの商品を見ましたよ。「木育」というジャンルもできるとはです。

食育、木育、そして箸育という言葉もあります。
箸の使い方を教える過程で、マイ箸づくりを行うそうです。

教育分野で木材利用を高めるのは、一石二鳥かも。

おお!こんなに箸づくりキットがクローズアップされている!
お越しいただき、ありがとうございました~~
田中さん的には、マイ箸づくりには高い壁(?)があったのですね。
でも、しゃーこしゃーこと削る感じはたまらなく楽しいですよね。
このキットももちろん国産材でございます。
これ自体、インテリアになるかも!?・・・言い過ぎでしょうか(^-^;

その節は、お世話になりました。

箸づくりに壁はありませんが、「マイ箸」という言葉にありました(笑)。これは「バカの壁」よりは低い「ハシの壁」です。
おそらく、このキットを作った人はああでもない、こうでもないと考えて楽しかったことでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイ箸づくりキット:

« 浮上しました | トップページ | 森林の市・ウッドライクの商品 »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎