無料ブログはココログ

本の紹介

« 東濃檜のふるさと-加子母 | トップページ | 龍馬の街 »

2010/06/26

木材の価格付け~東濃檜の現場から

まず、写真を見ていただきたい。

002                                                   

わかるだろうか。名刺入れだ。





004     


こちらが開いたところ。生き節がアクセントになっている。

これは、私の使っている名刺入れである。実はもらいもの。今年の2月14日バレンタインデーにいただいた。Kさん、ありがとね(^○^)。

土佐檜製だという。オシャレでしょう。今回のツアーにも持参して、名刺交換で披露すると、みんな大いに食いついてくれる(笑)。これをネタに林業話を広げるにはもってこいだ。オシャレだ素敵だ、とほしがる。

で、今月になって、Kさんはこの名刺入れについての裏話を聞かせてくれていた。

「名刺入れの価格は、実は500円です」

ぎょえ。

そこで私も、加子母で一緒になったグリーンプレスの面々に、この名刺入れの値段はいくらぐらいと思うか尋ねてみた。

5000円。3000円。みんなが口にするのは、だいたいこんなところだ。

もし2500円で売り出せば、「安い!」と飛びついて買うのではないだろうか。

にもかかわらず500円。ものすごくお得なのだが、翻って考えてみれば、生産者は2000円分損をしているのではなかろうか。

たとえばエルメスでもグッヂでもバーキンでもよいが、ブランド品のバッグや財布を、原価計算して値付けしたらいくらになるだろう(豪華な店舗や人件費、派手な宣伝費は含めない)。おそらく1万円しないのではないか。それがン十万円もの価格で売り出している。

価格とは、欲しい人の価値基準より、ほんの少し下がよい。すると、喜んで買ってくれる。逆に安すぎるとブランドイメージを損なう。

さて、長い前フリだったが、東濃檜で案内してくださった加子母森林組合の組合長は、
「直径13㎝の丸太だと、1本500円にしかならない。これを1000円にしたい
また長さ4mの柱材を天然乾燥させて「市場では1本3000円にならない。これを3500円にしたい

切なる願いであろう。涙ぐましいというか、現実を考えると、それくらい(500円)の値上げしか見込めないということか。

だが、ツアーに参加した人々の反応は、「そ、そんなに安くていいの?」(~_~;)。

とくに伐採を目の前で見て、加工現場も見学して、1本の木が育つのに50年以上もかかっていることを聞かされた後としては、あまりに安すぎる。

ここにユーザーの潜在的価値観と生産者の原価計算のずれがある。

500円の丸太を5000円で売る戦略を考え、その加工に挑戦した方が(結果的に売値は1000円だったとしても)、よく売れる商品を開発できるだろう。ブランド価値も高められるかもしれない。

問題は、ブランドの築き方である。

昨日、東濃檜は、製材で頑張って価値を高めた、と書いた。世の中に出回っている粗悪な製材品の中で一等抜き出た存在になれたからだ。

が、今後は製材では難しい。まず木材の使い方が変わってしまい美しい柱を市場が求めなくなったし、製材機械の進歩でほかのメーカーにも簡単にできるようになった。

次を考えないといけない。

さて、実は明日より高知に行く。土佐檜の名刺入れ、果たして売っているかな? 何か参考になることを見つけられるか。雨の中、車を走らせる予定である。

« 東濃檜のふるさと-加子母 | トップページ | 龍馬の街 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

加子母の檜って伊勢神宮用に育てられてるって聞いた覚えがあるのですが、そうだったかな・・・?加子母の立派なログハウスでカナダケベックの方々と一夜を共にしたことがありますが、どうして、そのようなことになったのか、思い出せない(^_^;)

よく、ご存じで。おっしゃるとおり伊勢神宮の用材を出すための神宮備林(今は神宮美林)も保存されていて、私らも見学しました。熊を見たのも、そこ。

でも、一夜を共にしたって……赤裸々だなあhappy01
えっ、違う?

こんばんは(^^)

名刺入れすごくいいですね。
売っているお店とかわかりましたら
ぜひ教えてください。

今度 徳島にもお越しくださいね。

ゆずりん(^^)/

高知から帰って参りました。

が、高知で物色したみやげ物店では、木の名刺入れは発見できませんでした。
ただ、「あれは池川木工の商品」という証言を得られましたので、調べてみると
http://www.ikemoku.co.jp/SHOP/640378/list.html

こんなサイトに龍馬の刻印入りで売っています。3150円と高くなっています。これもいいけど、あくまでシンプルなものは、
http://www.rakuten.co.jp/igohachi/881223/892232/892233/
なんのことはない、楽天にありました。たしかに500円です。

ありがとうございます。楽天へ登録した個人情報とか買い物情報とかため込まれているなあと感じつつ、注文をしました。楽しみです。

龍馬の刻印はなくてもいいのではないかな。。。

こんばんは!

いくらだと思います?って聞くと、やっぱり2千円、3千円って答えが返ってくるけど、
その後に買いますか?って聞いてみるとう~ん・・っていう感じみたいです。
でも、500円なんですよ~って教えると、とたんに「それなら欲しい!」って言われることがぐんと増える。
妥当な価格って難しいですね。

よく売れてて、安い安いって言われてても、高くしても売れるとは限らない。
商売って難しくて面白いですね~

根付は、商売の最大の醍醐味ですね~。
私も祭に店だしたとき、残り時間を睨みながら最大の利益を出しつつ完全に売り切るために、仕入れ追加と値下げを繰り返し、アドレナリンを思いっきり上げた記憶がある(^○^)。

ちなみに、通常使っている革製の名刺入れは、1000円から1500円で買っています。(もしかして、合成皮革か……) 木製なら、それ以上で売れるんじゃないかなあ。

木以外の私のサブ名刺入れは1000円未満です~

すごーく気に入れば、高くても買って長持ちさせると思うけど、まだ見つからず。
寄せ木みたいにした、鳥の図柄の木の名刺入れも確か売ってたけど、お気に入りに至らず。

名刺って自分だけのものでしょ。
名刺入れも自分だけのがいいなあ。

この手の商品は、愛着次第で金に糸目をつけない傾向がありますね。

私はよく失うので、あまり高いものは買わないけど、名刺をどこから出すかどのように渡すかもビジネスの武器ですからね。財布や定期入れから名刺を出されたら白けるな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/48723320

この記事へのトラックバック一覧です: 木材の価格付け~東濃檜の現場から:

« 東濃檜のふるさと-加子母 | トップページ | 龍馬の街 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎