無料ブログはココログ

本の紹介

« 菅首相の林業観 | トップページ | 森林経営計画の目的 »

2010/06/10

木の織物

生臭い政治の話のあとは、少し休憩(^o^)。

こんな商品を見つけた。天然木から製造した"縫える木"テナージュ と、それを経糸にした京織物木織テナージュだ。

よくわからないから、発明したゼロワンプロダクツ株式会社のサイトを見て。

理屈はともかく、ようは木材を布のようにできるということだ。それも大量生産可能で、自動機械で大きさも自由に製造できる。

これまでのツキ板とは、また違った分野で活かせるのではないか。ファッション系の商品のほかにも、曲面、凸凹面のあるインテリアなどにも使えそうである。

私の思うのは、木材って、まさにマテリアルだなあ、ということだ。アイデアと新技術によって、さまざまな素材を生み出せる。しかも生物性で再生できるし、廃棄処理にも困らない。

これほどの素材を、これまで十分に活かしてきただろうか。いや、昔は活かしてきたのだが、戦後は石油という素材に目を奪われて、あまりにないがしろにしてきたのかもしれない。

« 菅首相の林業観 | トップページ | 森林経営計画の目的 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/48593885

この記事へのトラックバック一覧です: 木の織物:

« 菅首相の林業観 | トップページ | 森林経営計画の目的 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎