無料ブログはココログ

本の紹介

« ふしまる君 | トップページ | 書評「不況の合間に光が見えた!」2 »

2010/07/08

書評「不況の合間に光が見えた!」1

不況の合間に光が見えた! 新しい国産材時代が来る 

            遠藤日雄・著   日本林業調査会 

取り寄せて、ほぼ1日で読んでしまった。

タイトルだけでは、一般の経済書のように思う人もいるだろう。サブタイトルと、出版元を見て、初めて林業関係の本であることに気づく。

Photo



読み終えたばかりなので、まだ全体を評するまで頭の中を整理できていないが、なかなか示唆に富んだ内容である。読みやすいのは、もともとセミナーやシンポジウムの講演録を元にまとめたものだからだろう。文章もですます調で書かれている。

欧米事情と日本の差。全体として、新生産システムなどの現状を肯定的に捉えている。ただ問題点もしっかり指摘されている。また、「道をつくり間伐を進めていけば日本の森林・林業は再生できる」という現在の林政の議論を、「眉唾」と切って棄てる。

これは、私も大賛成。間伐が林業の本筋ではないし、長伐期施業礼賛もうさん臭い。そもそも売り先を考えずに、製材したら大手住宅メーカーが引き取ってくれるだろう、という甘い発想は危険すぎる。またも日本の国土を禿山だらけにして、外材依存に陥りかねない。

このブログで何度も取り上げてきた製材所の大規模化、国の市場を無視した伐採、100ヘクタールを超える大面積皆伐、材価が安くなればなるほど、木材生産量が増える窮迫販売、などのからくりが解説されている。

ただ、私が頭を悩まさせている、木材価格を上げる仕組みについては、これはという施策は出ていないのが残念。

もう少し読み込んでから、改めて考えよう。

« ふしまる君 | トップページ | 書評「不況の合間に光が見えた!」2 »

書評・反響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/48827909

この記事へのトラックバック一覧です: 書評「不況の合間に光が見えた!」1:

« ふしまる君 | トップページ | 書評「不況の合間に光が見えた!」2 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎