September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

森と林業と田舎の本

« 日本一の木の商店街 | トップページ | 加子母森林組合のベクトル »

2010/07/03

岐阜で地産割り箸計画

岐阜県の郡上市で、郡上産の間伐材を使った割り箸を飲食店に流通させる計画が進められているらしい。

http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20100630/CK2010063002000018.html

記事によると、取り組むメンバーは、主婦らでつくる「地球救い隊」や、林業会社役員などで結成した「郡上わりばしプロジェクト実行委員会」。

う~ん、もしかして、本ブログにも登場したことある人?

計画は、郡上産の杉を金沢市の割り箸会社……ということは、中本製箸さんに持ち込んでつくってもらい、地元の飲食店やスキー場などに販売するというもの。ここでもアドバシの手法を使い、箸袋に企業広告を掲載して、それを授産施設で詰めるという。ただ、中本製箸がほかの材でつくった割り箸も混じるから、完全に地産地消とはいかない。

そこで将来的には、地元に自前の製箸工場を建設し、純郡上産の割り箸供給を目指すそうだ。

それにしても、このした地産割り箸製造となると、必ず登場するのが、中本製箸。どうやら地産割り箸づくりを請け負っててくれる唯一の製箸所のようだ。
もともと中本は、日本最大の割り箸工場と言って良く、こんな小さな仕事を請け負っても利益は出まい。それでも意気に感じて引き受けてくれるのだろう。

本当は、もっと小さな製箸所こそ、こうした小回りの聞いたことをやってもらいたいのだが。

ともあれ、こうした計画を遂行する人々には、頭が下がる。

ぜひとも、全国で共闘を。

« 日本一の木の商店街 | トップページ | 加子母森林組合のベクトル »

割り箸」カテゴリの記事

コメント

田中様
ご想像のとおりです。ご無沙汰してます。
何とか形になりそうなところまでこぎつけました。いろいろこちらのブログからの情報を活用させていた来ました。
ご報告とご協力のお願いなどしなくてはならないころかなあと思っていた頃、取材を受け、公になった次第です。
岐阜県下全域に公になりましたので、あとには引けません。突き進みます。

そう、後に引けません(笑)。

このご時世ですから広告取るのも大変でしょうが、ぜひ成功させてください!

いわきに移住を完了してコツコツ準備してる
ワタクシめが小回り利かせましょうか?
なんなら一膳から手渡しでも(笑)

山梨では、FSCの割り箸ができました。

1膳からですか(笑)。もう移住されたんですね。


山梨の割り箸も、中本製箸産ですね。

地場産木材による割り箸製造は、ニッチながらも確実に需要はありそうです。お望みの材で割り箸づくりを請け負うネットワークをつくれば、案外行けるかも。

初めまして・・・。少し・・・割り箸に係わってます。中本製箸の間伐材の箸ですが・・・箸としての機能に???です。私は、間違いなく・・・中国製を選びます。もうすでに・・・国産を超えてます。間伐材・除伐材で、製箸は無理だと思います。温故知新・・・歴史が語っています。失礼致しました。

中国製割り箸のレベルは、かなり高まっていますね。高級箸でも肩を並べた、と吉野の人がいうくらい(^^;)。

中本製箸さんの箸は、本来は大径木を使ってつくっています。そうしたものは決して悪くないのですが、無理に細い間伐材を使ったものは厳しいです。それは、樹恩割り箸でも同じだった。

もし地産材で割り箸製造を目指すなら、品質を吟味してメーカーに送ってください。できれば間伐材ではなく、年輪の詰まった大木か背板を。

山梨の「FSC割り箸」は中本製箸さんではないのでは?
中本製箸さんはCOCをお持ちでは無いようですので、
未確認ではありますが。
福井県で製造とも聞いてますが。

山梨のFSC割り箸については、本ブログでも以前伝えています。そのコメント欄で関係者が教えてくれたのです。たしかに中本製箸はcocを持っていませんが、委託加工の形でクリアしているようですね。http://ikoma.cocolog-nifty.com/moritoinaka/2010/03/post-a492.html#comments

それは失礼しました。
未確認情報ですみません。
過去ログ拝見しました。
ちなみに「木の国や」では¥180(税込)/1セットで売ってます。
それと樹種は杉です。

田中様

林業ニュースで知りましたが、埼玉県では割り箸を止めてマイ箸に替えようとしています!
http://www.city.saitama.jp/www/contents/1274093058778/index.html

使用済みの割り箸が、7.5トン出るのを削減できるから、というのがマイ箸運動の理由のようですが、これって本末転倒な運動ですね。
食品リサイクル法の悪影響が残っているのでしょうか。

不衛生なマイ箸を職員が使おうと勧めているのが気になります。
使って減らそう二酸化炭素ではなく、使わないでふやそう二酸化炭素という運動のように見えますが。

さいたま市の施策のようですね。
「ごみの量の削減」を理由に上げている点は反対しづらいですが、「無駄を取る意識を行財政改革につなげる」という点には、大いに異議ありですね。

担当者にメールしようかなあ。あのチラシを送りつけませんか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜で地産割り箸計画:

« 日本一の木の商店街 | トップページ | 加子母森林組合のベクトル »

無料ブログはココログ

森と林業と田舎