無料ブログはココログ

本の紹介

« 鞆ノ浦で見たもの | トップページ | 日本の森を中国に売ろう! »

2010/09/10

村八分とうつぐみの合意形成

先日訪れていた島で聞いたのは、「竹富島では、“うつぐみ”という考え方がある」という言葉。ようは共助であり、集落全部の合意形成のことを指す。一人のリーダーが決めるのではなく、みんなで考え決める自治意識らしい。

そうしたら、今日の朝日新聞の「私の意見」欄で、竹富島の町長が、この「うつぐみ」について解説して開発問題を論じていた。ついにこの島は、リゾートを受け入れたのだ。

なかなか示唆的だ。「撤退の農村計画」にしても、開発計画にしても、そこに必要なのは合意形成である。だが、これが今の時代、どんどん難しくなってきたように思う。

先にボルネオのロングハウスを例に上げたが、そこでは比較的合意形成がしやすい。村民全員が同じ屋根の下で住んでいることも重要だが、リーダーの性格も影響があると思える。村長(酋長)は決してカリスマではない。「豪腕」で「指導力」を発揮するような人は求められず、みんなと話を延々と続けられることが資質とされている。

まさに「うつぐみ」なのである。

しかし、同時に同じ屋根の下に住みながら、最後まで反対できないという強制力もあるのではないかと想像する。
日本の村でも、最後は「村八分」という制度?があった。同じ集落内で暮らすのに協働作業を拒まれたら、生活できないという無言の力が働いただろう。

しかし、今の世の中、村八分は怖くない。仮に集落内で孤立しても、少なくても生きて行ける。買い物も集落外に車で行ける。農作業なども、個人で農機具を揃えていたら一家だけでもできる。むしろそうした家の方が多いだろう。情報もテレビに新聞、インターネットで入ってくる。もし仕事も外部とつながっていたら、収入面でも問題なし。
そもそも集落組織とは別の行政組織があるし、なんとでもなるのである。

田舎移住者の中には、好んでか仕方なしか、村八分的な生活を送る人も少なくない。それでも困っていないのである。

そんな人間関係の広がる社会で、合意形成ができるだろうか。

実は、限界集落というから、数戸、十数戸の人々が肩を寄せ合って生活しているのかと思いきや、みんなが集まるのは年に一度もないケースを耳にした。さらに仲違いして、狭い集落の中でも口を利かない関係になることも珍しくないらしい。もっと進むと、集落内で分裂して、別グループになることさえある。ほんの数戸ごとに分かれるのである。
近年は、各地の町内で隣人トラブルが頻発しているが、イマドキは同じ地域に住んでいてもタガははまっていないのである。

そうしたことになるのも、一致結束せずとも生活できる環境だからではないか。村八分が通用しない社会では、合意形成は極めて難しくなる。

果たして「撤退」の是非を決める合意形成ができる集落は、どれだけあるだろうか。この点が、限界集落の勝ち組負け組を決めるのかもしれない。

ちなみに竹富島は、当初は住民に十分な情報公開さえしなかった開発業者も、町長の姿勢と粘り強い交渉によって理解を進め、住民との話し合いに応じるようになったという。そして最後は圧倒的多数で、住民の賛意を得たのである。

« 鞆ノ浦で見たもの | トップページ | 日本の森を中国に売ろう! »

地域・田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

 田中さんの指摘するように「村八分」を恐れる必要はないと思います。
ただし、老獪な長老達を打ちのめす理論武装を持たなければ寝技をかけられてしまいます(笑)

田舎で経済活動を行うと農組や森組などの厄介な組織が理事と言う名誉職をぶら下げて集落を取り込んでいます、だけど今を憂う若者が志を持ち集落で立ち上がり始めました。
ちなみに僕も大先輩に昔だったらお前は「村八分」だと言われました、でも今は応援していただいています。
村社会の合意形成を築くには苦労もありますが、やりがいもあります、それは全て地域のためだと思っていますし理解してくれる方が増えているから続けて行きたいと思っています。

当集落で「村八分」と言うと残りの二分に当たる葬儀・火事以外の付き合いはしない事になっております。

「村八分がなくなった現代は、合意形成が難しくなった」と書くと、なんだか村八分を復活させよ! と唱えているように読めますね(^^;)。

もちろん、村八分およびそれに近い包囲網はない方がいいに決まっています。でも、あっても跳ね返して説得する気持ちがなければ、本当の合意形成も行えない。
健闘を祈ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/49406993

この記事へのトラックバック一覧です: 村八分とうつぐみの合意形成:

« 鞆ノ浦で見たもの | トップページ | 日本の森を中国に売ろう! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎