無料ブログはココログ

本の紹介

« 10月8日は | トップページ | 深夜の焚き火 »

2010/10/09

森林率のU字仮設

中国の人工植林面積が6200万ヘクタールとなり、世界第1位になったそうだ。森林率も、20,36%になったという。これは驚異的な数字だ。戦後すぐの中国の森林率は、10%を切っていた。たしか8~9%だったと記憶している。

もっとも、中国の統計が信用ならないことはいうまでもない(笑)。

中国の植林事情に詳しい人に、「植えたうちの何割が育っているか」と問うたところ、6割いかないだろうと推測していた。植えた面積が必ずしも森林化しているとは限らないのだ。

ちょうど先日、イギリスの森林率が13%に達したことが伝えられていた。イギリスは、産業革命以降、森林伐採が続き、森林率は3%まで落ち込んだ。それを200年以上かけて、ようやく10%嵩上げしたのである。

とはいえ、中国も確実に森林面積を増やしたことは間違いない。

実は、文明が進むと森林は減少するということは歴史的に知られている。だが、ある程度の文明化を達成したところで、森林率は反転する。(20世紀以降) 国家体制の安定と経済発展が植林を始めるきっかけになるという。

その最大の実例が日本だ。明治時代に1700万ヘクタールだった森林は、現在2500万ヘクタールに増えている。国土面積の変遷があるので厳密な数字は出せないが、森林率を20%前後上げたことになる。

ほかにもヨーロッパの国々もイギリスだけでなく、軒並み森林率が回復している。アメリカは完全に回復までいかず、微減が続いているが、それまでの急激の減少にストップはかかったことになっている。

これを森林率のU字仮設というのだそうだ。

まあ、その理論の中では、ようや中国は文明国の仲間入り(^o^)。

ただ、日本の森林面積は、本当に増えているのか。森林扱いしているところも、実は伐採跡地だったところも増えているから、もしかしたら字(小文字)を描き出しているんじゃないか。

« 10月8日は | トップページ | 深夜の焚き火 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/49693543

この記事へのトラックバック一覧です: 森林率のU字仮設:

« 10月8日は | トップページ | 深夜の焚き火 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎