無料ブログはココログ

本の紹介

« 木材自給率と安全保障 | トップページ | COP10の目的って何? »

2010/10/24

しおれた月下美人を見て考えた

我が家の月下美人が、チョロチョロと咲いている。

以前は狂い咲き?かのように、一晩で10以上も花を開かせたことがあるが、今秋はポツポツと。ここ数日続いている。 強く濃厚な香りが玄関先、あるいは庭先に満ちている。

それにしても、その名のとおり月下に咲いている。十三夜の月の下に。(ちなみに、十三夜とは、満月一歩手前の月のことかな? と思っていたら、満月だった。十五夜が旧暦8月15日の満月のことで、旧暦9月13日の満月が十三夜。)

夜の花は見る機会が少ない。翌朝、しおれた状態で気がつくこともままある。

Photo













ところで、月下美人は花を咲かせて、何をしようとしているのか。受粉して種子をつくる?

夜の受粉昆虫はいるだろうが、残念ながら種子は作らない。実は、日本中の月下美人は種子をつくらない。月下美人の種子なんて、見たことある人は極めて少ないだろう。

なぜか。

実は、日本で育てられている月下美人は、ほとんど挿し木で増やされている。つまり同一クローンなのである。そして月下美人(クジャクサボテン科)は、自家不和合性といって、自分の花粉では受粉しないのだ。

このことは、意外と最近までわかっていなかった。しかし海外から持ち込まれたクジャクサボテンと受粉させると、見事果実が実ったという。だから近年になって、わずかに果実をつけている月下美人も登場しているという。

日本の山も、同一クローンの樹木が多いよね……。スギとかヒノキとか。

« 木材自給率と安全保障 | トップページ | COP10の目的って何? »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

月下美人の花が咲くときって、
耳をすますと
花びらがこすれあう音が聞こえる。
というのは本当ですかね?


花びらの開き方はゆっくりでした。月の光を吸収するように、ゆっくりと。(詩人風)

でも、その香りは強くクラクラするほど。以前、「花酒」をつくろうと焼酎に月下美人の花をつけ込んだことがあるけど、匂いがきつすぎて、生では飲めなかった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/49836567

この記事へのトラックバック一覧です: しおれた月下美人を見て考えた:

« 木材自給率と安全保障 | トップページ | COP10の目的って何? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森と林業と田舎