無料ブログはココログ

本の紹介

« 銘木と銘酒の町フォーラム(下) | トップページ | 邪馬台国に林業はあったか? »

2011/03/07

自然の中の人工、人工の中の自然

兵庫県の但馬まで日帰り往復。カニが食えなかった……。

という話は、改めて。

昨日の駆け足3件の中で印象に残った景観を紹介しよう。

011
これは、生駒山の一角にある豪華なホテル&セミナーハウス。(写真はセミナーホール)

外界の里山の景観をそのまま取り入れている。宿泊の部屋も同じコンセプトで、窓の外の景色が里山の森になっており、最大限に活かした空間だ。自然を人工空間に取り入れた。

次に、大坂・梅田の地下街。

022
完全な地下の通路である。そこに、結構大規模な花壇?が作られている。数十メートル延びているうえ、草花だけでなく樹木もある。もちろん、光はすべて人工の照明だ。よく育っている。夜は照明がほとんど消える。

まさに人工の中の自然。

どちらがよい悪い、あるいは好き嫌いというのではない。

どちらも、せいいっぱい自然と人工物の折り合いを考えた結果だろう。

« 銘木と銘酒の町フォーラム(下) | トップページ | 邪馬台国に林業はあったか? »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

今日は、豊岡市日高町の講演会でお話聞かせていただき
有難うございました。
後でご挨拶させていただいた炭焼きの者です。
先生のHP拝見させていただく限り
里山を活かす話が多く、僕の目指す方向と同じだと思いました。
今後ともよろしくお願いいたします。

どせ、眠い講演ですみません(笑)。楽しい、成功事例ばかり並べるより、林業関係者にはもっと大きな目をもってもらいたい……というのが名目で、今度出版する本の内容に力が入ってしまいました(⌒ー⌒)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/51062309

この記事へのトラックバック一覧です: 自然の中の人工、人工の中の自然:

» 林業講演会 [神鍋白炭工房の日記]
午後から、日高町林業研究会(通称林研)のほうからお誘いを受け 北但林業振興協議会主催の林業講演会 『北但地域林業の活性化に挑戦』という演目のものを聞きに行った。 講師は森林ジャーナリスト田中淳夫氏 途中、ものすごい睡魔にみまわれたが… なんとか持ちこた...... [続きを読む]

« 銘木と銘酒の町フォーラム(下) | トップページ | 邪馬台国に林業はあったか? »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎