無料ブログはココログ

本の紹介

« 商店街と林業の相似 | トップページ | 『森林異変』発刊! »

2011/04/15

未来型のログハウスを小径木で

ログハウスと言えば、今やオシャレ?な洋風の家のイメージが強い。まるで「男のロマン」を体現するような住まいである。(私は嫌いだけど。)

だが、ログハウスを日本語にすると丸太小屋。これは、本来は仮設住宅だ。伐採した木を斧(いまではチェンソー)で簡単な加工をするだけで、横に積み上げると、耐力壁になる。開拓時代のアメリカなどで盛んに造られた小屋なのだ。

もともと仮設だから、丸太が乾燥して、重みで沈下してしまうから、決して長持ちはしない。が、当面住むには十分……というコンセプトである。

だったら、今東北の被災地で仮設住宅が求められているなら、山の木をどんどん伐ってログハウスをつくったらどうかな~と、考えていた。

だが、それを喜ぶ被災者は少ないだろうな……。

で、まったく別のことを思いついた。

そもそも丸太は、非常に強度がある。なぜなら巨大な樹木を立てていたほどなのだから縦の引っ張り・圧縮強度は鉄よりずっと強いのだ。
だが、それを利用しやすいように角材の柱や板に製材すると、どうしても繊維を切断するし、もっとも年輪が密で強度もある辺縁部を切り離すことになる。また表面は、切断面がむき出しになる。その分強度は落ちるだろう。
ただ現在のログハウスのように横に丸太を積むと、せっかくの強度が活かされない。むしろ重みで横面が圧縮されてしまう。

何より角材への加工と、手間もエネルギーもかかる。

そもそも古代には、住居も丸太のまま造るものだった。縄文式も弥生式も、竪穴住居に使っているのは丸太である。
その後の飛鳥時代や奈良時代も、今に残る寺院を見ると丸柱だ。大仏殿を思い出してもらってもいい。
そして平安時代の寝殿造だって。

角材を使いだすのは、ずっと後世なのである。日本の住居は、当時ほとんどがログハウスだったのだ! ただし、丸太を縦に使ってるが……。

と考えているうちに、今の世の中に新しい丸太の建築物を開発できないのだろうか、と思いついた。

小径木の間伐材丸太を縦に使って、今風の住居などを作り出す。その方が、木材の加工度が低くて楽だし、繊維を切断していない分強度だって強いのではあるまいか。
円柱同士の隙間を埋めるためには、土がまずかったら、今風の素材があるのではないか。樹脂系なら、より強度が増すだろう。

これぞ、木材から端材を極力出さない未来型建築様式の新ログハウスにならないかなあ。

« 商店街と林業の相似 | トップページ | 『森林異変』発刊! »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

 実は、私は腰壁が縦使いのものと横使いのものがあるのを見て、ログハウスも縦使いがないのかなあ、と思ったことがあります。でも、その時はゆれで倒れる可能性が高いからなのだろうと勝手に想像しました。重いし。
 私は、昔は木材が貴重だから(エネルギーにも使うし)なるべく木材を使わないような板加工に発展してきているのだろうとも思っていました。それは、重量も関係しているのですよね。

 そんなことを考えながら、縦使いログハウスを想い浮かべれば、現在の日本の資源状況や価格を考えれば有かもしれませんね。
 ゆれにも耐えられる構造なんか専門家の手に掛かればちょいちょい。しかも、縦の強度は抜群。角材加工や板加工の手間も不要。

 そうすると、柱となる縦ログと単尺横ログを組み合わせて壁面を作る方法はいかがでしょう。縦ログの間に校倉方式で単尺横ログを重ねていく方式。こんな複雑なこと考えていくと、円柱加工も必要となったり、実加工も必要となったり、かえって高くなってしまう・・・・・。デザイン的には面白いかも。でも、既にありそうだ。やはり、全量縦使いのログハウス、見てみたくなりました。
 

丸太を完全な円柱に加工すれば、わりと簡単に縦ログハウスは可能だと思います。でも、それては加工の手間が製材と変わらなくなるので、そのまま使いたい。せいぜい皮剥くだけで。一種の磨き丸太かな。

多少の曲がりや、完満の差はアリの丸太を縦に並べ、その隙間を漆喰のような素材で埋めてつなげていく。それをオシャレなデザインに仕立てる……。
そんなログハウスを発明してほしい。

こんにちは。
いつも楽しく(楽しみに?)拝見しています。初めてコメントします。もっと以前からコメントしたかったんですが・・。
知人のところで縦ログやってます。名前は「堀尾ハウス」。
個人的にはログハウスについて色々思うところがありますが・・。恐らく、私自身、林業・木材業界の古い体質をそのまま受け継いでるのかな・・。(反省)
なかなか見応えのある家造りをしてましたが小径木の単価が安いから実現できるのかなぁと、少し悲観的な思いもあるのが事実です。(またまた反省)
ちなみに縦ログではありますが正角にしてありますので丸太造りではありません。
よろしくどうぞ。

おお、縦ログハウスですか。でも正角材ならログハウスと言わんか~。マシンカットの縦ログハウス(^^;)。

まあ縦でも横でも、小径木を無駄にせず、加工にも手間をかけない家づくりというのも一つの分野になりませんかな。仮設住宅にも向くだろうし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/51397910

この記事へのトラックバック一覧です: 未来型のログハウスを小径木で:

« 商店街と林業の相似 | トップページ | 『森林異変』発刊! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎