無料ブログはココログ

本の紹介

« 獣害報道から原発報道を連想する | トップページ | 荻氏講演・小丸太と空気売り »

2011/05/16

『森林異変』書評 「朝日奈良版」と「東洋経済」

北海道に行っている間に、『森林異変』の書評など記事が2本。

一つは、「週刊東洋経済」5月14日号

Photo



これは平凡社からのFAX。

無難にまとめていただいた。経済誌なんだから、もっと産業としての林業を記していることに触れてほしかったな……。

そして、もう一編は、朝日新聞奈良県版。書評というより、奈良県在住の著者を紹介しつつ、本に触れる、といった記事だ。

Photo_2

5月11日紙面
「奈良を通じて」奈良から発信……とあるのは、隣の記事のタイトル。私の本に関するものではない。




実は、『森ヘン』では、吉野林業地のかつての大儲けの話や、その後の技術革新からの遅れ具合を間接的に記している。まあ、読んで耳が痛い人も多いのではないかな。

なお文中に、私が業界紙記者だったようなことが書かれているが、これは誤解である。林業界の記者をしたこともないし、総会屋の手先だったこともない……と思う。いや、そういうことにしている。

ちなみに親からは、赤いシャツが不人気だった。違うって。長袖Tシャツだって。写真撮られると思わなかったからね。まあ、撮られると知っていたらオシャレしたということは、限りなく低い確率だけど。

« 獣害報道から原発報道を連想する | トップページ | 荻氏講演・小丸太と空気売り »

書評・反響」カテゴリの記事

コメント

東洋経済の書評はひどいですね。

中身ゼロ。ちゃんと読んで書評買いちょるんやろか?

まさかホントに1分で読んだんじゃ、、、。

なあに、書評はどんな内容にかかわらず、素晴らしいのです。激賞されても、批判されても、トンチンカンに褒められても感謝。書いていただいただけただけで感謝。東洋経済様様です。

>写真撮られると思わなかったからね。

いんや、赤は悪くありませんぜ。
目を引いてよろしいかと。

でも、顔がちょっと無防備かなあ。
まあ、熊(♀)的には無防備のほうが
美味しそうでよいです。

おっしゃるとおりですね。失礼しましたm(_ _)m

無防備な顔……(~_~;)。
熊(♀)さんに食べられるなら本望ですけど、無防備はイカンなあ。次から鉄兜かぶらにゃあ。

ちなみに「けなす書評も有り難い」と指摘したのは、大昔の筒井康隆だったかと。ようは露出するほど、売れ行きが伸びる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/51686710

この記事へのトラックバック一覧です: 『森林異変』書評 「朝日奈良版」と「東洋経済」:

« 獣害報道から原発報道を連想する | トップページ | 荻氏講演・小丸太と空気売り »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎