無料ブログはココログ

本の紹介

« 世界遺産、取り消し? | トップページ | 「外資の森林買収」より「日本文化の中国依存」が心配 »

2011/06/28

セミナー『誰が日本の森を救うのか』

突然届いた、分厚い書類封筒。開けてみると、セミナーのチラシがどっさりだった……。

と、意味ありげな書き出しにしてしまったが、実は7月23日に大阪・梅田で表記のセミナーを開催する。

001

題して「誰が日本の森を救うのか」。

かつて『だれが日本の「森」を殺すのか』という本を出版した人間だが、殺すだけでなく、救援活動も行うのである。

これはチラシの裏面だが、主催はNPO法人サウンドウッズ

木材コーディネーターの養成を通じて、日本の森を救おうと活動しているが、その木材コーディネーター養成講座の開催記念のためのセミナーを開催する。

そこに私も、講演と対談に出席するのだす。

ちなみに募集定員は、なんと25人。少数精鋭?である。

職業としての山仕事に興味のある人から、製材流通などで関わっている人、建築や木工に取り組みたい人。取り組んでいる人。あるいは森林と林業について研究している人。どんな方でも結構である。



とはいえ、チラシの束が届いても、私が直に配れるのは、ごくわずか。

もし、日本の森林、林業、そして木材について興味のある方をたくさん知っているという人がいたら、チラシを送ります必要枚数を想定して、ご連絡ください。
あるいは,このページを読んで直接申込みたい人は、画像にある宛て先にFAXかメールを。

なお、当日は地場産材による仮設住宅建設を進める岩手県住田町を応援するモア・ツゥリーズLIFE311プロジェクトの募金活動も行う。

« 世界遺産、取り消し? | トップページ | 「外資の森林買収」より「日本文化の中国依存」が心配 »

取材・執筆・講演」カテゴリの記事

コメント

限定25名の募集にも関わらず、1000枚ものチラシを刷ってしまい、もって行き場に困って、どっさり送ってしまいました(反省)

しかも、送り状もなにも入れてませんでした・・・メールしようとして失念しておりました(反省)

田中先生の講演会などで、傍らに・・・と思い、送ってしまいました。(反省) どこかにさりげなくおいていただけるとありがたいです。

早速、日本の森林林業界をなびかせる「田中ブログ」でご紹介いただいたこと感無量です。(感謝)

■■■■□□□□■■■■□□□□■■■■□□□□

ちなみに、先週末から募集で、申込み半分くらい埋まってしまいました。
この分では、早々と締め切りが・・・(みなさまお急ぎください)

1000枚も刷ったんですか……。1割が来たら100人になっちゃう。

なんなら7月30日の宮崎の講演会で配ろうか(笑)。いや、生駒の各所に押しつけるか。

い、行きたい…。大阪…かあ。(ため息)
詳細に報告くださいますようお願いします〜!!

田中様
チラシ1000枚ですか!
私も、先日、築300年の福島邸さよなら見学会をおこなったら、用意していた125枚のチラシが数分でなくなりました。800名近く来場していただき感謝です。資料も600部ほど用意したのですが、無くなってしまいました。100円くらいで有料にしておけば良かったと反省しております。
まあ、今回の場合、予約を出来るだけとって、会場を別のところに変えれば済むのでは・・・。
宮崎講演楽しみにしております。

ただっちさん、チラシだけでも送りましょうか(笑)。100枚くらい。

本気で、宮崎まで持っていこうかな。拙著に挟んで、ご購入の方には無理やり渡す(^-^)。

でも、旧家がそんなに人気なんですね。雨だったろうに。
福島邸にとっても大往生だったでしょう。

宮崎の講演には水俣からも行けないか、前向きに検討中です。大阪は満員になりそうなので、遠慮しておきますね。

宮崎は、まだ私も詳しい内容を知らないのですよ(^^;)。

それより奈良の育樹祭に来てもらわねば。

育樹祭は推移を楽しみにしております。予定は一応空けてあります。

熊本での育樹祭プレイベントの時、菅原文太氏が講演会に来たのですが、ギャラが100万円ということでした。なので私のギャラも同じくらいでお願いしますね。

……読まなかったことにします。

「沢畑君のギャラ? ああボクの友人だから気にしないでいいよ、手弁当でも行くって言ってたよ」と伝えようかな。

田中さん主催行事なら手弁当もやぶさかではありませんが、育樹祭なら・・・。

ギャラ値引きの余地はないこともありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/52068973

この記事へのトラックバック一覧です: セミナー『誰が日本の森を救うのか』:

« 世界遺産、取り消し? | トップページ | 「外資の森林買収」より「日本文化の中国依存」が心配 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎