無料ブログはココログ

本の紹介

« キッザニアの森 | トップページ | 草木塔を、今 »

2011/06/01

日欧のEPA協議

最近の政治……というより政局には嫌悪感を抱くのだが、6月といえば、TPPに対する意見をとりまとめる期限ではなかったっけ、と気づいた。

震災の「おかげ」で、この議論は吹っ飛んでしまい、ほぼ放置状態のようだが、その代わりに? EUとEPAの事前交渉協議が始まっている。このこと、ほとんど注目浴びていないねえ。

そもそもEPAのことを知っているのだろうか。EPAの訳語は、経済連携協定だそう。
もっとも、その前にFTA(自由貿易協定)がある。これは「特定の2カ国もしくは地域・複数国間で関税撤廃や数量制限などの貿易障壁を取り除く協定」と言えるだろう。

そのFTAに人の移動、知的財産権の保護、投資、競争政策などの分野を加えて幅広くしたのが、EPAと思えばいい。

TPPは、環太平洋経済連携協定。こちらは環太平洋という地域限定(9か国)のEPAと考えるとわかりやすいと思うが、すべての関税撤廃を掲げている。そして「例外を認めない」という色彩が強いと思う。しかもアメリカ入りの複数国間だから、全面開放に近い。

日欧のEPA交渉は、日本が望んで持ちかけたことだ。EUは乗り気でなかった、とも言われる。主な議題も、工業、サービス業や投資関連に なるのではないか。
だが、ヨーロッパもなかなかの農業国家が揃っているのだし、食品関連業は大きい。なぜ日本の農業団体は、TPPのような猛烈な反対運動を起こさないのだろう。

まあ、全然EPAについてわかっていないのかもしれない(~_~;)。

以前、FTA<EPA<TPP という図式を披露したことがあるが、案外、政府はTPPがうまくいかないならEPAで、と思いかけているのかもしれない。

まあ、私は各国別で例外規定も設けやすいFTA、EPAの方が日本に向いていると思っていたので、反対はしないけどさ。TPP<拡大WTO にならない前に実を取るべきだ。

« キッザニアの森 | トップページ | 草木塔を、今 »

政策・行政関係」カテゴリの記事

コメント

「トモダチ作戦」には心から感謝しますが、
実質日米の2国間貿易に関する協定ともいう
TPPは別問題ですよね。

TPPは筋が悪い(~_~;)。
もともとアジア(東太平洋)の協定だったのにアメリカが割り込んだ感じ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/51828906

この記事へのトラックバック一覧です: 日欧のEPA協議:

« キッザニアの森 | トップページ | 草木塔を、今 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎