無料ブログはココログ

本の紹介

« 消滅集落の村おこし | トップページ | 森林組合の闇 »

2011/06/14

『森林異変』書評・日刊ゲンダイ

6月8日の日刊現代の書評欄に、『森林異変』が紹介された。

008

版元がFAXで送ってくれたので、ちょっと写りが悪いが…。

この夕刊紙は私も関わっていたのでよく知っているが、まさに街のサラリーマンのための新聞である。ここに業界色の強い本著を紹介してくれたことに感動する(笑)。

しかし初っぱなに「価格の安い輸入材に圧されて国産材は不振を極め……」とあるのは、ショックだなあ。だって本著の第1章冒頭に「安い外材はどこにある?」と林業界最大の嘘(笑)を暴いているのに……。

まあ、よく読めば、一時期外材の方が国産材より安くなった時代もあったことは触れているが、今また逆転しているのだよ。

« 消滅集落の村おこし | トップページ | 森林組合の闇 »

書評・反響」カテゴリの記事

コメント

次は、東○ポにかかれないですかね。
見出し「外材より安い国産材があった!?」
田中淳夫氏談とか・・・。

学生時代、ゲンダイもフジも東○ポもよく電車の網棚放置で拾わせていただきました。サラリーマンのみなさん、ありがとうございました。

夕刊紙も一般紙もこの点では、同列。
ただ、駅売りだけに、まず手にとらせることが最大の任務なのです、この手の新聞は。

そのうち「国産材より安い外材があった!」という記事を書いてみたいですね……。それが驚きとして報道されることを願います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/51941234

この記事へのトラックバック一覧です: 『森林異変』書評・日刊ゲンダイ:

« 消滅集落の村おこし | トップページ | 森林組合の闇 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎