無料ブログはココログ

本の紹介

« 『吉野・川上の源流史』届く | トップページ | 福島に避難 »

2011/07/19

吉野デザインコンペの作品

先に紹介した、森カフェで開かれた、「吉野材」を使った「暮らしの道具」デザインコンペの最終審査会及び発表会。

その結果が発表になっている。

最優秀賞は、割り鉛筆でした!!

う~ん、これ、割り箸と鉛筆をくっつけたわけだけど、ありそうでなかった。いや、アイデアの間隙を疲れたような気分になった(笑)。

鉛筆の復権と割り箸の復権が重なるといいね。従来の鉛筆の木は、米材が多いのだが、吉野杉で作って見せたことが素敵だ。

なにしろ全国219点の応募から選ばれた作品である。

このほか優秀賞は4点。

「そよそよと風に揺らぐ一輪挿し」
「木目をいかした皿」
吉野杉のランチョンボード」
「折り畳み式のスツール」

どれも、奇をてらわず、それでいて意外感があり、オシャレ。コンペのための作品というより、本当に商品化をめざした感覚がある。(実際、入賞作は、奈良県が商品化を進める。)

この審査会の様子をもっと知りたい方は、次のブログに詳しく紹介されている。主催者側の一員でもある南都銀行の鉄田さんのブログである。

tetsudaブログ 「日々ほぼ好日」

ここまで詳しくレポートされたら、私が口を出す間はない(笑)。

今後、作品がナラのお土産になることを期待しよう。

« 『吉野・川上の源流史』届く | トップページ | 福島に避難 »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/52250177

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野デザインコンペの作品:

« 『吉野・川上の源流史』届く | トップページ | 福島に避難 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎