無料ブログはココログ

本の紹介

« 多様な林業を知れば考える | トップページ | 木造仮設住宅を供給する工務店と職人の協会が設立 »

2011/08/28

戦国時代の合戦もの

テレビで絵画「BALLAD ~名もなき恋の歌」を見る。

アニメの「クレヨンしんちゃん」からのファンだが、なかなか見応えあった。

とくに感心したのは、時代考証。戦国時代の小さな山城や当時の武士の住宅などの再現具合は、驚嘆もの。そして合戦には、どれほど木材資源が費やされているのかも感じさせてくれた(~_~;)。

柵や物見台などはもちろん、松明とか野営用の仮設小屋(昔のテントか?)なんぞ、全部木製で再現していて、すごい。私が知っている歴史モノの考証とほぼ同じだ。

そして合戦場所が、禿山だというのもいいねえ。昔の山は、あんなに禿山が多かったんだろうな、と妙にリアリティを感じた。ロケはどこでしたのだろう。

ただ、「川上の大クヌギ」には無理がある。戦国時代に植えたとしたら、樹齢400年を超すことになるが、クヌギはそんなに長寿命ではないはずだから。せいぜい100年くらいだろう。映っていた大木も、それくらいに思えた。クスノキぐらいにしておけばよかったのに。

ともあれ、気分は戦国時代の森林・木材事情の視察へとタイムスリップしていたのである。

……こんな見方をしたら、映画に失礼かなあ。

« 多様な林業を知れば考える | トップページ | 木造仮設住宅を供給する工務店と職人の協会が設立 »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

……こんな見方をしたら、

OK です。
だって、森林ジャーナリストだもの。(^^)

この肩書、なかなか便利だねえ(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/52592524

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国時代の合戦もの:

« 多様な林業を知れば考える | トップページ | 木造仮設住宅を供給する工務店と職人の協会が設立 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

森と林業と田舎