無料ブログはココログ

本の紹介

« 水害と人工林批判を結びつけたがる愚 | トップページ | 「水源地の森を」詐欺で儲けたのは誰? »

2011/09/07

3日で2400ミリ降った村

そろそろ別の話題に、と思いつつも、せっかく盛り上がっているので水害の話を続ける。

奈良県の上北山村。大台ヶ原を抱えて日本で一番雨の多い土地とさえ言われるのだが、ここの積算雨量は72時間で2400ミリを越えているそうだ。発表は1800ミリだけど。

今後、詳しいデータが出たら、改めて観測史上最大となるかもしれない。

ただ、結果的にこの村に被害はなかった。村全体で死者はもちろんけが人も出ていない。床上・床下浸水もなかった。自主避難は13世帯23人、避難勧告は7世帯11人。ある意味、住民は大雨対応に慣れていたようだ。

この村がなぜ被害を出さなかったのかを調べることも、今後の水害対策に役立つだろう。
住民の対応や、集落の配置なども興味があるが、地質・地形はどうか。もしかしたら、長い年月のうちに、崩れやすいところは崩れて、岩盤がしっかりしているのかもしれない。

今は、被害の大きいところばかり報道されるが、雨量や地質が似通っているのに崩落しなかったところに注目するのもよいはずだ。もしかしたら、伐り捨て間伐材が流れ出ているかどうかを調べるのに適地かもしれない。(崩落地がないという点で。)

行きたい……が、今は時間がない・・・仕事、投げ出したくなる。

 

 

なお、被害がないと言っても、交通途絶の問題はある。
上北山村と下北山村の境で、幅30mに及ぶ崩落があって通行止めになってしまったのだ。、先に紹介した川上村の大規模崩落のため、電話線もインターネットも断線したうえ、外部に出るルートも極めて細くなってしまった。ここも、十津川村ほどではないが、村ごと孤立してしまったのだ。下北山村は、三重県経由のルートがあるが……。

« 水害と人工林批判を結びつけたがる愚 | トップページ | 「水源地の森を」詐欺で儲けたのは誰? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

今後山間部の雨量データが出てくるのが,ある意味楽しみである意味怖いですね.怖さのほうが先にたちますが.

ところで依然お世話になった防災専門家の人が今日のNHK番組に出ます.

NHKスペシャル「緊急報告 記録的豪雨の衝撃 」
2011.9.9 午後7時30分~8時43分 NHK総合
http://www.nhk.or.jp/special/onair/110909.html

ほう、この番組は注目ですね。さて、どんな情報が出るか……。

番組では,数字で書けるような情報は河川水位以外あまりでませんでしたね.ただし単に避難指示や避難勧告をだすだけでなく,リアルタイムで河川水位などの情報を住民に流すことによって避難率を上げるという試みは興味深いものがありました.

牛山さんはスタジオでのコメンテータ.いつも現場で走り回っている姿しか知らないのでかえって新鮮でした.突然レーダー雨量計測に詳しい中北さんも出てきたのにびっくり.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/52673733

この記事へのトラックバック一覧です: 3日で2400ミリ降った村:

« 水害と人工林批判を結びつけたがる愚 | トップページ | 「水源地の森を」詐欺で儲けたのは誰? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎