無料ブログはココログ

本の紹介

« 『割り箸はもったいない?』が…… | トップページ | 川上村・林齢300年の森 »

2011/10/18

吉野・川上村の土砂崩れ現場

今日は、吉野の川上村を訪問していた。

先に記したが、実は川上村も台風12号の被害地。村役場のある迫地区を巨大な深層崩壊による土砂崩れが襲った。幸い、人家を外れたので人的被害は出なかったが、国道が完全崩壊。一方通行の県道でしのいでいる。

そこで、吉野の師匠の案内で、崩壊現場の対岸から眺める。実は停車禁止なのだが、融通してもらった。

001
わかるだろうか。

小さな急な沢があったのだが、その上から底が抜けるように崩落したことがよくわかる。上部の方がなだらかに見えるが、見事に崩れた。

左手から道沿いに並ぶのが、役場や森林組合、郵便局、銀行、そしてホテルといった村の中枢施設が並ぶ一角。もちろん人家もある。


そこをかすめるように、崩壊が起きている。その規模は、一応幅100m、高さ300mということになっている。じっくり拡大してみると、岩盤がむき出しで、あきらかに深層からの崩壊だ。

爪楊枝のようにばらまかれている木々は、かなりの高樹齢のスギがほとんどだろう。

009


撮影時には気がつかなかったが、望遠レンズで撮影すると、崩落現場に人が写っていた。

左端側に、4人いる。

どうやら測量しているらしい。今後の復旧のためだろう。しかし、底が抜けたようになっているから、並大抵の工事では道は復元できない。巨大な橋脚が必要になるから、早くて2~3年はかかるのではないか。

その前に、仮橋でも架けられたら……と地元の人は期待しているが、岩盤を強化しなければならないから、難しいかなあ。

ところで、人間の大きさと、周りの丸太の太さを比べてほしい。崩れた地域の吉野杉の立派さがわかる。これだけの木が何百本と流されたのだ。もったいない……。

伊勢湾台風の時も、吉野杉はバタバタ倒れたそうだが、根こそぎだったから、幹に傷はなく、高く売れて逆に大儲けした人も多かったようだ。今回は、それも期待できないだろう。

« 『割り箸はもったいない?』が…… | トップページ | 川上村・林齢300年の森 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

昨年、訪れた場所です。改めて被害の甚大さに言葉がありません。崩壊した場所がちょっとずれていたら大惨事でしたね。不幸中の幸いか。

人的被害もないし、交通もかろうじてエスケープルートがある。だから、余計目立たないのだけど、生活の不便や経済的損失も含めると、かなりの打撃ですよ。

話には聞いてましたが,杉の湯ホテルも危ないと事でしたね。

こんなにすごう深層崩壊を起こすとは,これからもどこが崩壊するか調査しないと、大雨が降るたびに同じ災害が誘発される可能性がありますね。

おっしゃるように、経済的な打撃は大きいですね!

いや、ホテル杉の湯はまったく無事ですよ。ただ客は激減したみたいです……。

私も、今度のシンポ前に泊まろうかなと思うのだけど、男一人ではね(^^;)。誰か、つきあいませんか。

田中組長さん

今度のシンポとは、何ですか?
よろしければ、テーマと日時と場所を教えて下さい。

全国育樹祭交流集会シンポジウムですよ。川上村の山吹ホールで開かれます。
と、ここで調べてみると、参加者募集は9月までですね・・・。
もう満席なのかな。

押しかけは無理か(^^;)。土砂崩れ現場視察ツアーを催すか。

会長、ご無沙汰です。私も土木担当していたときは災害現場の最前線で調査をおこなっていましたが、ここの崩壊はケタ違いですね。崩壊地の冠頭部に立っていたら、足下が崩れて落ちた事があります。内緒ですけど。

育樹祭交流シンポ、名前を押し売りしたのに参加できず誠に残念です。この手の会議は、担当の役人が余計なことを考えて、締め切りをやたら早めに設定するのが常ですから、今からでも参加したいと言えばたいていは大丈夫だと思いますよ。もちろん、交通機関(貸し切りのバスなど)や宿が満員という場合は仕方がないですが。

それにしても、崩れた場所のスギの太さには驚きました。水俣でも03年に大土石流がありましたが、そこで流れたスギとはだいぶ違いますね。

多分、シンポに参加するだけなら、なんとかなりますよ。ホテルも、客が激減しているのに満員にはならんでしょう。

問題は交通の弁かな。駅からシャトルバスを出すらしいけど、それには申込みがないと乗れない可能性大。自家用車でないと無理です。道も、県道を迂回するから一方通行で待たされることがありますね。

こんにちは、田中さん
お元気ですか?

杉の湯はこの土砂崩れでも見事に盛り返そうと従業員が一つになって頑張っています。

川上村らしい新イベントも企画中。杉の湯はどんどん進化しています。

またお会いできます事楽しみにしております。

感謝

おおお、杉の湯の女将!
先日は、寄りたかったんですが、残念ながら時間切れで。

困難を克服するのが女将の醍醐味(^o^)と思って、頑張ってください。次は寄らせていただきます。

高桑さん。女子大生連れて行きませんか(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/53025598

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野・川上村の土砂崩れ現場:

« 『割り箸はもったいない?』が…… | トップページ | 川上村・林齢300年の森 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

森と林業と田舎