無料ブログはココログ

本の紹介

« 林業機械展では…… | トップページ | 『日本人が知っておきたい森林の新常識』、書店で発見! »

2011/11/21

川上村の崩壊現場再び

ほぼ1カ月前、川上村の土砂崩れについて記した。

今回の育林交流集会は、この崩壊現場の奥にあるやまぶきホールで開かれたので、出席者は迂回路を通る際に目にしただろう。

肝心の当日は、大雨警報が出て、迂回路さえも通行禁止になりかける事態で(そのため、パネルディスカッションも短縮バージョンに)、もし、迂回路が崩落するようなことがあれば、上流部の住民はみんな下流に出られなくなる。
つくづく今年の自然災害の困ったさんぶりに泣かされた。

だが、その土砂崩れの現場は、崩壊直後から大きく変貌していることにどれほどの人が気づいただろうか。

まずは1カ月前。

003




迂回路から遠望したものだが、林木も散らばり、まさに崩壊現場だ。




そして今回。

3




近くから撮影できたので、多少角度が違っているが、上記の写真との違いは一目瞭然だ。

あれほど荒々しく散乱した土砂や林木が、かなり片づけられて、斜面も少しなだらかになっている。重機が高いところまで登っていることがわかるだろうか。重機の通る道はできているようだ。

もちろん、まだ開通はできない。ここにあった沢が埋もれてしまっているので、この上に道を作ったら、また底が抜けかねないからだ。とりあえず手前の方に仮橋を架けるそうだ。その開通は、来年4月を予定していると聞いた。

崩壊をとどめる擁壁の建設が必要だろうから、国道の完全開通までは数年かかるにしても、想像以上のスピードで復旧している。ちょっと感動するほどだ。

東日本大震災、そして紀伊半島水害の被災に際して見る目が変わったのは、自衛隊と日本の土木である。
これまで日陰者の印象のあった自衛隊は、不休の救難対策を通して、戦後もっとも信頼を高め、日本を守る存在として認識されたのではあるまいか。
それと同時に、無駄な公共事業に巣食う業界と白い目で見られることもあった土建業界の力も、災害復旧で見せつけたように思う。津波のガレキを、不通の道を、これほど短時間で片づけ復旧させたのか、と驚かされる現場がいくつもある。十津川村への幹線道路も一足先に仮開通させている。

付け加えれば、崩落現場にほど近いホテル杉の湯も、当日は満員だった。アクセスが極端に悪くなった今、あえて泊まりに来る「応援」客がいるのだそうだ。「日本一愛されるホテルにしたい」という女将の言葉を信じよう。

経済にしろ社会システムにしろ、綻びの見える日本だが、まだまだ活かせる力が隠されているように思えた。いや、活かせるかどうかは、これからなのだが。

« 林業機械展では…… | トップページ | 『日本人が知っておきたい森林の新常識』、書店で発見! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

田中さんへ

私も現場の様子をバスから眺めましたが,すごい崩壊現場でした。重機が数台動いて作業してましたが,まだ当分はかかりそうだな、と思いました。

それよりは,私は川の荒れ方に愕然としました。あの様子では、とうぶん川の生き物、特に鮎は当分棲めないだろうと思いました。
鮎の友釣りに数年前に来ましたが、今回の台風の影響は河川環境には計り知れない影響を与えましたね。
人間様の道路は回復しても,淡水魚の棲む河川が元に戻るには,5年以上かかるでしょうね。
大変、残念ですが吉野川での鮎釣りは当分できませんね。

ちょうど昨日のローカルニュースですが、熊野の川で鮎漁が再開されたようですよ。
あれほどの洪水の後なのに、意外や流されずにいた鮎が結構アミにかかっていました。頑張った鮎もいるんです(^o^)。
…でも、それを人間は取って食べるんですけどね。

熊野川で鮎漁が再開ですか?
河口に近い場所ではないでしょうか?
上流域は壊滅的な打撃と思いますが。

もちろん,流されずにいた鮎もいるでしょうが,河川の流域の渓相がだいぶ変わったと思います。

落ち鮎は、ダムができたら落ち鮎になれませんし,産卵してふ化した鮎の稚魚も海には戻れませんよ。

鮎が戻ってきて、鮎釣りを来年も楽しめることを願っています。が、鮎釣りの名人は首を横に振ってました。

はっきりした川の名前や場所は忘れましたが、伝統的な網に追い込む漁があるところでした。

鮎は1年魚だから、きっと早く復活してくれると信じましょう。

そうですね。
支流によっては鮎も生き延びて、9月でも釣れているようで安心しました。
伝統的な網漁で穫れているようなら、来年も期待しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/53301618

この記事へのトラックバック一覧です: 川上村の崩壊現場再び:

« 林業機械展では…… | トップページ | 『日本人が知っておきたい森林の新常識』、書店で発見! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

森と林業と田舎