無料ブログはココログ

本の紹介

« 全国育樹祭の林業機械展 | トップページ | 『焼き畑の環境学』から連想する »

2011/11/12

どんぐり火鉢

生駒山の植生は、8割がコナラ林。みんなドングリを付けている。コナラ以外にもクヌギやシイ・カシ類もドングリがいっぱいで、それがパラパラと降ってくる。
今歩くと、どんぐりがいっぱいで、ポリポリ足で踏みつぶしてしまう。

……そんな光景で思い出したのが、この前訪れた京都の町家(京都ペレット町家ヒノコ)に店舗を構えている株式会社Hibanaで見つけた一品。

1


木製どんぐり! 

だが、何も人形やモニュメントみたいな飾り物ではない。

 

2


傘を持ち上げれば……、中は火鉢になっているのだよ。

ちゃんと鉄で内張りしているから、燃えない。


火鉢としては小さいから、手あぶりくらいの用途かもしれないけど、ちょいとオシャレな品でした。もちろん木工家の手づくりだ。

でも、4万円ではなあ~。簡単に手をあぶれないよ。

« 全国育樹祭の林業機械展 | トップページ | 『焼き畑の環境学』から連想する »

木製品・木造建築」カテゴリの記事

コメント

生駒山にはそんなにドングリが。
コビトは命がけですね。(脳震盪とか)

どんぐり火鉢。
外側の質感がなかなかよい感じで、触ってみたい。
(外側だけです)
ちょっと気になります。

ぁ。別にどんぐりが大好きだとか、
おいしいとかではなく。

いや、あったのは京都の町家ですから、京都の古い家に住んでいるコビトが気をつけねば。ドングリの中に潜り込んで住んでいたら、焼かれちゃう(^^;)。

あ、熊の好物もドングリでしたね。住んでいる山にドングリ火鉢をたくさん撒くとか。これで温まって、人里に下りてこないように……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/53227058

この記事へのトラックバック一覧です: どんぐり火鉢:

« 全国育樹祭の林業機械展 | トップページ | 『焼き畑の環境学』から連想する »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森と林業と田舎