無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 植民地林学 | トップページ | 佐賀と言えば……玄海原発(^o^) »

2011/11/04

今度こそ九州新幹線

今度こそ九州新幹線
佐賀へ向かう。せっかくだから九州新幹線つばめに乗った。たったひと駅であるから何の意味もない。ただ初めてだというだけ。鉄ちゃんではないのだが、この程度の興味はあるのである。

車両は以前乗ったが、博多からは初めてという点もある。木質で囲まれた座席はなかなか目に優しいし快適だよ。

しかし乗ってすぐトンネル。なんだこりゃ。車窓の景色がまったく見えない。山陽新幹線もそうだったが、景色が途切れると気分が悪くなる。

もう、乗らんな。。

« 植民地林学 | トップページ | 佐賀と言えば……玄海原発(^o^) »

コメント

こうやって写真を撮っている姿は
周りから見れば、立派な鉄ちゃんですよぉ。

つばめは、なかなか可愛い顔つきですね。
(鉄子ではないです。)

昨年水俣においでの際、この車両には乗ったはずですが、もう一度乗らずにおれないところは何だか鉄臭いです。

熊(♀)さん、つばめは水戸岡さんのかっこいーデザインなので顔はいいです。大阪まで走っているのは今ひとつ(だって自由席は5列なので、椅子が狭いです。この車両は全車4列で広いのです。)です。

はい、車両は新八代-新水俣間で乗りましたが、博多からつながった九州新幹線は初めてということで。つまり車両よりも新路線を走ってみたかっただけ。

いわば新路線オタクか。。。道路でも空路でもよい。

それなのに、乗っている間の9割はトンネルの中なんて、許せん。

うーん。新路ヲタク。。納得です。

「散歩で迷い道」の謎がとけました。

そうです新路オタクです……て、自分でオタクと言ってしまったなあ(-.-)。

もっと正確に言えば、未知の道オタクです。道でなくてもいい。未知の場所なら行ってみたいオタクです。あ、オタクじゃないってば……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今度こそ九州新幹線:

« 植民地林学 | トップページ | 佐賀と言えば……玄海原発(^o^) »

May 2020
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎