無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 「奇跡の一本松」は枯れても | トップページ | 玉川上水の景観 »

2011/12/09

ジブリ美術館

ジブリ美術館
昨日から東京に来ています。

で、今日は三鷹の森ジブリ美術館(*^^*)に足をはこぶ。
平日の午前中だから、しかも雨。空いている…と思っていたが、甘かった。かなり混んでいた。

しかし私はオタクではないから、あまり絵コンテやセル画には興味を示さない。むしろアニメーションの歴史などに目がいった。
そしてオタクではないから、ネコバスにも興味を示さない。むしろ凝った家具などに目がいった。
さらにオタクではないから、ジブリグッズショップにも興味を示さない。むしろ外観の壁面緑化に目を奪われたのである。

写真を見ていただきたい。いい感じに蔓植物が覆っている。屋上も緑化しているし、巨木もうまく配置している。どこまで計算づくなのだろうか。
   
初代館長は、宮崎吾郎(元・造園家)だったから、造園的な部分に凝ったのかもしれない。

« 「奇跡の一本松」は枯れても | トップページ | 玉川上水の景観 »

コメント

>むしろアニメーションの歴史などに目がいった。
>むしろ凝った家具などに目がいった。
>むしろ外観の壁面緑化に目を奪われたのである。

充分ヲタクです.

と言って欲しくて書いたとしか思えない文章.思わずニヤリとしました.

都民なのに実は行ったことがないジブリですが,結構面白そうですね.

いわゆる「自然派」とか「山ガール」とか「ロハス」なスイーツ(笑)と称する人たちが好む仕上がりに出来ていますよね。
その匙加減はディズニーに匹敵する上手さですね。
12/5のシンポジウムでも亀山先生がジブリのロケハンのち密さを誉めてましたっけ。
それにつけても同じ人工物とはいえ、ゴルフ場のイメージの悪さったら。
クラブハウスを壁面緑化してロビーに薪ストーブというようなステレオタイプな事であっても、ゴルフ場のイメージアップに寄与するかも知れませんね。
それにつけてもシンポジウムで冒頭まさか、自宅のある建物があれほど大写しになるとは・・・・妙に恥ずかしい。

スマホで文章書くときは、同じフレーズを繰り返すと楽です。一文字打つと、次々と表示されますからね。
その機能をフルに使いつつ、読める内容にするのが腕の見せ所(^o^)。

それにしても、この美術館、細かな部分の作り込みがスゴいです。蛇口一つまでこだわっている。
私は、ジブリのキャラクターや物語世界をもっと前面に出したテーマパークを想像していたのですが、むしろ、きっちりアニメづくりの裏方を紹介することに力を入れていました。また庭もこだわっている。そうした点にも目を向けて見学すると大人の鑑賞にも耐えられます。

>大人の鑑賞にも耐えられます

そういえば,子供連れで行った人が「あの美術館,子供には分からんだろう」と言っていましたっけ.

ところで,昔聞いたときには完全予約制だったのですが今でもそうなんでしょうか.

ジブリのキャラを楽しむだけなら子供向きですが、伝えたいことを読み取るのはかなり前知識がいるかも。
会場に、あまりジブリアニメを見ていないらしい人が来ていて、彼らの会話では理解できていないみたいだった。

今も完全予約制ですが、平日なら前日でも簡単に予約は取れますよ。ローソンがないと困るけど。あと三鷹市民(および近郊)は、毎日100枚枠があるらしい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジブリ美術館:

« 「奇跡の一本松」は枯れても | トップページ | 玉川上水の景観 »

April 2020
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎