無料ブログはココログ

本の紹介

« 春先のイノシシは…… | トップページ | 電気自動車 »

2012/02/25

漫画で林業普及

こんなサイトがあった。

ハマのHPhttp://hamakun.web.fc2.com/index.html

基本は森林GISのようだが、ここに『マンガでわかる「提案型集約化施業」のすすめ」というコーナーがあった。

なぜ間伐が必要か、間伐する山の所有者を集約化するか、そのためのテクニック的な部分にも触れた漫画?イラスト?である。

なかなかの力作だ(笑)。イマドキの女子高生キャラだし。

もう一つ、『マンガでわかる なるほどなっとく「森林経営計画」の基礎』もあった。

なかなか勉強になる。私も森林経営計画に関してはチンプンカンプンだ。少しだけわかった気がした。もっとも、このマンガを読んでも、十分にはまだよくわからない(^^;)。

話は変わるが、かつて高知県の某森林組合を覗いたとき、そこに「間伐のススメ」というパンフレットがあって(おそらく県か林野庁当たりがつくったもの)、その内容があまりに初歩的なのでびっくりしたことがある。
少なくても、このパンフを読むのは森林所有者であるべきだが、そもそも間伐とは何か、山に植林するところから説明してあった。(もちろん、硬い文章である。)

そうか~、山主は、山のこと林業のことを何も知らないのね、と気づいた最初であった。で、森林組合は、こんなパンフレット配るより、自分たちで説明したら、と思ったわけだ。もっとも、森林組合の職員も間伐の必要性を理解していないのかもしれない。

それからン十年。いまだに間伐は進まないわけだが、一応森林林業再生プランなどでも「森林組合は間伐の提案を山主にしなさい」「小規模林地を集約化しなさい」ぐらいは言い出したわけだ。

しかし、進んでいないよなあ。

役所の作ったパンフは、面白くなく、理解できるかどうか以前に読む人が少ない。イマドキのDVDもダメだよ。いくら配っても、ほとんど誰も見ていない。見ても1度だけ。わざわざプレーヤーに入れて見るものではないもの。動画は意外と効果は少ない。

で、今回のような漫画化も一つの方法かもしれない。まあ、漫画にすれば誰でも理解して協力してくれるわけではないけれど、多少とも敷居は低くなる。
やはり読ませるストーリーが必要だ。ストーリー漫画とかドラマもいいが、金がかかる。いっそ漫才か落語、講談なんて分野がよいかもしれない。

ちなみに、いくら漫画化しても、言葉が難しいと理解しにくい。お役所言葉では、拒否反応示す人に伝える方法を考えないといけない。漫画だけでなく、様々な表現方法を駆使してほしい。またネットだけでも限界があるだろう。

なお、この漫画にあるように「提案型集約化施業」という言葉自体がまだろっこしい。何かよいキャッチフレーズはないか、募集している。漫画の前に言葉から始めないといけないね。

« 春先のイノシシは…… | トップページ | 電気自動車 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

そこはもう,

林業2.0

・・・もう古いですか

。。。林業漫才。
田中さまならボケもツッコミもできますね。(゜o゜)\(-_-)
相方急募!

>林業2.0

古いというより、通じないと思います(^^;)。

「大瀬ゆめじ・うたじ」に割り箸漫才があることを
http://ikoma.cocolog-nifty.com/moritoinaka/2011/10/post-9946.html
のコメント欄で紹介されてるから、林業漫才もありだな。
誰か台本書かないか。
あ、私がやるより、演者より台本書こうかな。

漫画表現は明るくて素晴らしいですね。scissors

課題は、
◆森林施業プランナーとして認定する主体はどこか
◆森林施業プランナーの権限は何か
◆助成金のもつ権力性はどこまであるのか

このような点が見えないことです。

税金(助成金)依存を絶つ位置獲得の選択肢を選びます~(*^-^)

これは表現方法の問題ではないのですが、やはり面白く読ますには、本音の部分や裏事情も記すといい。
まあ、これは誰が発信するかにかかっているんですが。

漫画製作ツール「コミPo!」を活用した林業漫画!!いいですね!!
この「コミPo!」自体、こうした活用をしてもらう為に作られた物ですので、
この林業漫画は「正しいコミPo!使用漫画」と言えますね!!
*コミPo!採用事例 http://www.comipo.com/about/case.html

 私は日本最強の「教科書」は「学研」の「〇〇のひみつ」などの、
「学研学習漫画」だと昔から思っていましたので、こうしたツールが出来、
個人でも「漫画」を製作、発信出来る時代になったのが、本当に凄いな~
と思います。
 とりあえず、この「林業漫画」、コミPo!公式サイトで「作品紹介」や「採用
事例」にしてもらうように、林業界からもプッシュしたり、林野庁のHPでも
紹介されるべきでしょうね~
 とにかく、ネット上で話題になれば・・・マスコミも・・・というか、最近、
マスコミがネットの後追いしますからね~

音楽に続いて、漫画もコンピュータソフトで簡便に描ける時代ということなんでしょうね。
つまり画力の要求度は低くなっている。

だったらキャラやストーリー、構成などをつくる教室があれば、もっと広がるのかな。

田中さんの著書『刈って燃やせば・・・』の中の

◇自分の森
◇森林生態系化
を漫画にしてくれませんか、と漫画元にお願いしました。

メールエラーが返ってきました。

私がイラスト化してみようかと思います。

潜在意識に強烈な願望情報を定着させるためです(^_-)-☆

私は、直接は存じませんで、たまたま見つけたのですが、
林業女子会@岐阜のブログに
たまに
林業4コマ漫画が載っていますね。

結構にやりとする、4コマですよ。

昨日のテレビで、(なんだったかは忘れました・・)
間伐した丸太を運ぶ馬を紹介していました。
なんでも日本にはもう1頭しかいないとか・・。
テレビというメディアの力も大きいですよね・・。

そして、今日、地元の広報誌に、
「森林所有者は市に登録してください」
という記事が載っていました。
林業に対し、いろいろ注目が集まってきているからでしょうか。
ちょっと詳細の知りたくなる記事でした。

『伐って燃やせば「森は守れる」』ですか……古い本です(^^;)。


馬橇は、岩手の人かな?これも漫画の素材としては面白いでしょうね。

最近は漫画の地盤沈下が指摘れていますが、漫画という表現方法は、まだまだ力がありそうですね。

ハッピ~ライライフ                              ブイブイビクトリ~                                                                                                                                 ^o^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/54068246

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画で林業普及:

« 春先のイノシシは…… | トップページ | 電気自動車 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎