無料ブログはココログ

本の紹介

« 木質バイオマス電気の買い取り価格 | トップページ | 美術館の椅子 »

2012/03/08

林住期入り

お医者さんが二人、遠くから訪ねてきた。一人は東京、もう一人は香川。

と言っても、病気の話ではない。街づくりだ。二人とも医者というより、大学の研究者。大学で医療の面からの街づくりを研究しているのである。

以前も訪ねてきて、農山村地域の実情について聞き取りをされたのだが、このほどまとまった、といって報告しに来てくれたのだ。

その理論はなかなか奥深いのだが、かいつまんで紹介すると、寿命の延長が絶対的な事情として発生している。

それによって医療・福祉から見た町がどのように変化してきたか、変化していくか……という話は専門的になるのだが、人生は、これまで第一期「巣立つ準備期」第二期「社会と家族への義務と責任期」があった。ようするに未成年と成年である。その後に、高齢の第三期がやってくる。子供が巣立ち、個人が自由になる年齢である。が、同時に老いていくゆえ、長く続かず、また介護が必要な時期でもあり、あまり計算に入れなかった。

ところが、寿命が延びた現在、個人がいかに生きるかが重要になってきた。これが第三期「自己実現と自由期」の長期化である。

同時に、医療に求められるものも変わってきた。これまでなら、傷病の治療-治癒・救命で終わっていた。それが今後、老年期の人生では多疾患・継続発症(完全治癒ではなく改善)と死亡看取りが中心となる。その中に、「自己実現」が入ってくる。

と、まあ、こんな話をしていた。難しい(^^;)。

計算上は、日本は2023年に人口の半分が、この第三期入りする。

思えば、私も、今春娘が大学に入り、ほぼ第三期に入りつつあることに気づいた。おお、自己実現の人生だ! 責任からの解放だ!

第一期、第二期において、山村など田舎社会から脱出して都会へ人は向かった。しかし第三期に入った人は、田舎へともどるかもしれない。この第三期を、ヒンズー教では林住期という言葉を使うのは示唆的だ。森林に住む人生なのかもしれん。

ところで考えたのだが、高齢者の増加が深刻なのは、田舎ではなく都市ではないか。高齢化率なんて言葉に騙されてはいけない。たしかに田舎の高齢化率は高いが、人口が少ない分、高齢者の絶対数も少ない。
一方、大都会ほど、高齢者の数が増大する。地方から吸い上げた若者は、そのまま都会で老いていくからだ。東京など、100万人単位で高齢者が増えていく。何百万人の高齢者のケアをどうして行う?

おそらく、今後は林住期を過ごす場をつくることが求められていくだろう。それが森林環境・里山環境になれば、新たな展開が広がるかもしれない。

« 木質バイオマス電気の買い取り価格 | トップページ | 美術館の椅子 »

地域・田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

おっしゃるとおりですな〜〜!!
「大都会ほど、高齢者の数が増大する。地方から吸い上げた若者は、そのまま都会で老いていくからだ。東京など、100万人単位で高齢者が増えていく。何百万人の高齢者のケアをどうして行う?」

すると、高齢者雇用の場所に、里山ですな(笑)
例えば、
バイオマス資源の活用に、高齢者を活用しよう!
二酸化炭素の削減(貯留)に、炭焼きの活用を!
風力発電、太陽光発電、水力発電は、里山でやろう!
林業の活性化に、間伐材で割り箸を作ろう!
間伐材で、人に優しい高齢者施設をつくろう!
という風な、ことが考えられますね。


古代インド人も、余生は林の中で過ごしたのでしょうか、林住期とはよい言葉を作った。

私も、林住期を生きるための森の中の家を確保しなくちゃいけないなあ。

森林・里山が高齢者の林住期の場となる。いいですね^^ 

個人的には、ケアの場というだけではなく、エンパワーメントの場として機能するようにできればいいなあ・・と考えたりしています。
高齢者が元気になって、いろんなことで活躍できる場。その結果、ケアに精一杯になる周囲の活力が取り戻せて、別のエネルギーとして活用される。そこに森林・里山が介在する。

なーんて、簡単に書きましたけれど、そういう感じで何か出来たらいいんですが^^;

緑を求めて林住期の人たちがやってくる。地方にとって、財をもたらす消費者となるか?医療福祉で公共財を食い荒らす浪費者となるか?はたまたもっと別の存在となるか?!施策しだいですかねえ。

田中さんのお仕事ますます増えるんです(^^)

「仕事? もう要らないよ~」

これをいうと・・・

ますます~

私も森をもち家を確保するようにします。

高齢者、森へ向かう。
森のコビトの生活にも変化が起こるんですなあ。

責任と呪縛から解放されて自由に生きる時期「林住期」。
体が不自由になり、介護が必要なのは、「遊行期」というらしいので、それまでの心身ともに自由な時期が人生の黄金期ですね。

もともと五木寛之が言い出し、本のタイトルにもなったのだけど、「林住」という概念をもっと現実社会お落とし込めたらと思います。それが里山の地域づくりにつながる。

おそらく医療と経済活動の融合が必要かと。
ああ、コビトも必要です(~_~;)。

「林住期」いい言葉!
長野県の飯田市に行った時に屋根にサンタクロースが入れる様なエントツが出てる家が沢山あったんで、地元の人に聞いたら「都会から移住してきた人たちの家です。みんな定年して年金生活者(高齢者ではありません)です」って教えてくれました。
「年金=税金=都会のお金」が飯田市に落ちるんで助かってます」とも言ってました。
「林住」ではないですが「臨林住」ですかね・・・

年金=税金ではありませんが、有り難いお金ですなあ。どうせなら住民票移してもらえば、もっとお金が落ちる。

林住は臨終ではなくて、介護が必要になる前の体も心もお金も自由になる時期です。いわばアラウンド林住の人をいかに取り込むか……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/54077383

この記事へのトラックバック一覧です: 林住期入り:

« 木質バイオマス電気の買い取り価格 | トップページ | 美術館の椅子 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎