無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« 限界集落のゲストハウス | トップページ | 「責任ある素材生産事業体認証制度」 »

2012/04/23

龍神村の道の駅で割り箸セット!

拙著『割り箸はもったいない?』の直販を初めて、まだ2週間しかたっていないが、もう半分以上は出た。何年かかけて売っていくかと思っていたがけに有り難い。

なかでも、売れ筋は、割り箸セットである。割り箸のオマケに本がついてくる、という史上初の販売方法が注目されたのだろうか。

このセットとなる割り箸は、「3県復興 希望のかけ箸」であることは、すでにサイトで告知したとおり。
http://homepage2.nifty.com/tankenka/waribasihon-hanbai.htm

そこに、新たな割り箸セットが販売されることになった。

和歌山県田辺市龍神村で作られている割り箸とのセットである。
販売されているのは、龍神村森林組合経営の道の駅「龍神ウッディプラザ木族館」 だ。

1



届いた売り場の写真。

見ての通り、割り箸の作り方の展示も行い、割り箸の意義を届けようというわけ。

そうそう、セットは左隅ですよ。



それを拡大すると……。

2


セットになっている割り箸は、新たに作った大小の親子箸だそうである。みな、スギの天削。かなりの上物だね。

説明もしっかり付けてくれているし、いや、手間のかかることをよくぞしてくださいました。




ゴールデンウィークに南紀に出かける予定のある方は、ぜひ、お立ち寄りを(^○^)。
ちなみに、この道の駅は、かなり木工品の種類や数が多い。

ゆくゆくは、割り箸工場見学ツアーも企画したいとのことである。

ちなみに、5月にはイベントで、また別の割り箸とのセットも売り出される予定。詳細はこれからなのだけど、各地でさまざまな割り箸とセット販売されると面白いな。


« 限界集落のゲストハウス | トップページ | 「責任ある素材生産事業体認証制度」 »

割り箸」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

いや~、紹介ありがとうございます!!

まだまだ改善の余地はたくさんあるんですが、
とりあえずはじめています。

昨日、製材所に割りばし工場のご主人が背板を取りに来ていて、
この売り場のこと大変喜んでくれていました。

これを機に、道の駅を木や林業の情報発信の場に仕立てていきたいと思っています。

それから、うちの若手職員が書いたブログでもこのこと紹介しています。
http://www.ryujin-shinrin.jp/cgi/diarypro/diary.cgi
軽いノリでのブログですので、もし何か気になるところありましたら、ご指摘ください。

では頑張って売りま~す!

「パシッと龍神村!」
くうう~。いいです。これ。

「本屋さんでの販売はしておりません。」
ああ。ほしくなりました。

そうか、「限定もの」効果を煽るか(⌒ー⌒)。

熊(♀)さん、和歌山を訪れたときは買ってください。割り箸だけでも(~_~;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍神村の道の駅で割り箸セット!:

« 限界集落のゲストハウス | トップページ | 「責任ある素材生産事業体認証制度」 »

September 2020
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

森と林業と田舎