無料ブログはココログ

本の紹介

« 石垣にスギ | トップページ | 限界集落のゲストハウス »

2012/04/21

奈良の「滝桜」

昨年の4月22日、東北の被災地に出発した。

まず入ったのは岩手の陸前高田だが、内陸部から海辺に向かう途中に目にしたのは、津波に洗われた河岸の桜だった。

3


ちょうど満開だった。

何やらこれから激甚被災地に入る前の関門のような気がした。まずは花が出迎えてくれるというのは、何かこれからの道行の凄味を感じさせられた。



   

さて、最後の日25日に福島で見たのが、三春の滝桜

2


日本3大桜の一つ。天然記念物でもある。

これについては説明の必要がないだろう。今晩のNHKテレビで紹介された。中継では、まだ3分咲き?くらいだった。見頃は26日と言っていたから、まさに昨年のこの写真のような状態になるのだろう。

樹齢1000年というのは、ちょっと怪しいと思う(~_~;)が、たしかに太い。7本の幹が合体したという。

ところで、この滝桜は、奈良にもある。テレビでは滝桜の種子から約3万本の苗木が作られて全国に散らばっていると言っていたが、その1本が奈良市の大和文華館という美術館にあるのだ。

Jr


こちらだ。


私が見に行ったときは、すでに葉桜になりつつあった(~_~;)。
それでも樹冠はかなり広く、幹周り1m以上はあったかな。
花の下に入ると、かなり壮観だ。

 

Jr_2

1983年に苗が移植されたというから、樹齢はほぼ30年。

結構立派に育っている。

  




 
その経緯については、こちらをどうぞ。

http://blog.goo.ne.jp/tetsuda_n/e/4f30df02583e9d89770ee482de6985d1

こちらのコメント欄によると、この滝桜からさらにサンルート奈良の駐車場にも分けられているそうだ。滝桜の孫樹が生えているらしい。

文華館のホームページにも今年の写真があった。

http://blog2.kintetsu.co.jp/seasons/2012/04/post-5cfa.html

« 石垣にスギ | トップページ | 限界集落のゲストハウス »

森林学・モノローグ」カテゴリの記事

コメント

昨年の春は、とても花見という状況ではなかったのを
思い出しております。(しみじみ)
一年経ったのだなあ。。
まだまだ復興には遠いのだけれども。
少しずつでも、長ーくがんばらにゃなあ。

桜の花には、人の心をゆさぶる非日常感覚がありますなあ。

非日常の災害下では、花は必要ないのでしょう。(しみじみ)

ま~、ぼぉっとしていても時間は流れる。気がついたら復興していた、というくらいの気持ちでボチボチ行きましょうや。

拙ブログへのリンクを貼っていただき、有難うございます。
最近、京都大学などによる『平成20~22年度 吉野山サクラ調査報告書』を読みました。これまでの「なりゆき管理」にメスが入り、PDCAを踏まえた長期的な管理が提言されています。抜粋ですが、ぜひお読みください。
http://blog.goo.ne.jp/tetsuda_n/e/4f6ab64431658d6ae80144fa8d9fb0df

こちらから連絡する前に、登場していただいてしまいました。

吉野山の桜は、今年は見に行く暇はなさそうですが、この桜枯れ問題、以前取材しました。
結局、むやみに植えすぎた、ということになるのでしょうか。

土倉庄三郎のように、どんと吉野山の桜を全部買い取って守ろう、という人は、もはや現れませんねえ……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/54526224

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良の「滝桜」:

« 石垣にスギ | トップページ | 限界集落のゲストハウス »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森と林業と田舎