無料ブログはココログ

本の紹介

« 檜皮の需要と供給 | トップページ | スイス林業は世界一? »

2012/06/06

奈良は鹿から猫の時代へ……?

現在、奈良市の奈良町では「にゃらまちねこ祭り」を開いている。

Photo

公式HPもあるでよ。

http://nyan.rk01.com/

今更説明するのも恥ずかしい?のだが、奈良と言えば東大寺や興福寺、春日大社など寺社が目立つが、最近のトレンドは奈良町(ならまち)にある。


実は奈良町という地名はなく、江戸時代の町家が残る一角をそう呼んでいるのだが、ここ10年ほど、ここが新たな観光スポットとして盛り上がっている。町家を改造した小さな店(飲食店からグッズまで様々)がオープンし、元気があるのだ。

そして、古い町家と路地の入り組んだこの地域には、猫が多い。野良猫やら地域猫、多少は飼い猫もいるのだろう。そのため好き者は「にゃらまち」と冗談で呼び出して、そのまま「にゃらまち」で売り出しちゃえ! とノリで始まったのが、このねこ祭り。昨年よりスタートした。






   

R0014058


こんな和菓子まで売られている。

猫カフェもあるし、猫グッズを扱う店もある。

猫メイクをしてくれる美容院まである。

詳しくはHPを見てほしい。



奈良なんだから、鹿で売り出さんのかい、と思う私は古いのでしょうか(^^;)。

まあ、現実問題として、鹿より猫の方がカワイイわな。鹿はドクダミをバリバリ食っておるわ、チラシまで食う。観光ポスターは鹿ばかりで、これはオシャレでカワイイのだけど……。(どこかで分けてくれないかな。) http://nara.keizai.biz/headline/photo/683/

すでに猫目当ての客もポツポツ増えてきたらしい。サブカルぽいノリで新たな町おこしというわけだ。

イマドキ、歴史や自然で売り出すより、アニメやアイドルなどオタクっぽいサブカルチャーで仕掛ける方が、一発狙いになるかな。

ところで、猫の町と言って思い出すのは、ボルネオ、正確にはマレーシア連邦サラワク州のクチン。州都だが、クチンとはマレー語で猫の意。ここを納めた白人王ブルックの嫁さん、つまり女王が猫好きだったからとか、嘘か誠かわからないが、そんな街の名から、猫博物館があったり街中に猫のフィギアがいっぱいある。

http://homepage3.nifty.com/buckybecky/kuching.htm

私は何度もいったが、古いコロニアル洋式の建築が美しく、華人街とサラワク川のウォーターフロントがマッチした美しい町だ。そんなに猫が多いとも思わないが、猫の町で売り出している。いっそのこと、奈良町と姉妹提携したらいいなあ。

もう一つ、水木しげるの「河童の三平」にも猫の町は登場するが、こちらは怖い。三平は、この町で死ぬのである。

« 檜皮の需要と供給 | トップページ | スイス林業は世界一? »

地域・田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

happy01ハヤシもあるでよ~

ハヤシ……あったかなあ。
森もない。カレーはあるかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/54895532

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良は鹿から猫の時代へ……?:

« 檜皮の需要と供給 | トップページ | スイス林業は世界一? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

森と林業と田舎