無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« グリンデルワルトの街で売っていたもの | トップページ | スイスの山の見た目 »

2012/06/27

牛と木彫り

4_640x480



インターラーケンの町で見かけた牛。





5_640x480_2



スイス人は、相当、牛が好きらしい。





実際、街中に牛のオブジェはたくさんあるし、グリンデルワルトには牛グッズのコレクションを扱う店まである。アフロヘアの牛とか、携帯電話で話している牛などのフィギアは出色もの(笑)。
いや、単純にうれしい(^^)。

でも私が本当に感心するのは、木彫り。フィギアにも木彫りが多いのだ。

12_480x640



そして街中に、普通に木の彫刻がある。

日本でもチェンソーアートの作品を街中いっぱいに展示して、木彫りのまちづくりを夢想したことがあったな・・・・・。



インターラーケンの町を放浪して遭難しかけたとき、

27_640x480



とうとう木彫り職人の店を発見してしまった。

しかも女性。

「何彫ってるの?」と聞くと、お面を指差して{あなたの顔よ」と。

薪になるような楢?の木を斧でばっさり割って、そこに顔を掘り込んであるのを見ると、円空か木喰上人の仏像を連想するな。

うーん。ほしかったけど、高すぎた。

しかし木彫りが身近ということは、日常的に木に触れられるということだ。これって、案外重要じゃないか。

でも牛の木彫り、飼おうかな、じゃない買おうかな。

« グリンデルワルトの街で売っていたもの | トップページ | スイスの山の見た目 »

森から見た「スイス」」カテゴリの記事

コメント

牛だけに
OX
基い
COW ですね。

迫力ありましたよ。○○wみたいに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牛と木彫り:

« グリンデルワルトの街で売っていたもの | トップページ | スイスの山の見た目 »

May 2020
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎