無料ブログはココログ

森と林業と田舎の本

« セミナーのお知らせ(大阪・東京) | トップページ | お知らせ »

2012/07/21

こんな木製イス

なんだか1か月以上、スイス関係のことを書いている。そろそろ打ち止めにしなけりゃ……と思う今日この頃。

スイスの観光地グリンデルワルトのお店で見かけたイス。

Dscf1290


木のイスと言えば、どうしても縦横きっちりと組み立てるイメージになるが、これは雑木を積み上げたままの形で加工した(ように見える)デザイン。

なんか、斬新であった。



   

Dscf1291


こっちも、小径木をまとめてくっつけることで、なんかオシャレなイスになっている。

よくよく見れば、非常に手間のかけた造りだけど、一見誰でもつくれるように思えるなあ。

ちなみに価格はスイスフランだから……ちょっと高すぎ(^^;)。

   

   




      

こうした作品は、アイデア勝負。材料も加工技術も、日本にはある。それなのに見かけない。少なくても販売されていない。これをそのまま真似しろとは言わないが、日本でも大いに参考にできるのではないか。

« セミナーのお知らせ(大阪・東京) | トップページ | お知らせ »

森から見た「スイス」」カテゴリの記事

コメント

 これと同じもの、三年前にうちの組合の製材所の人が試作品で作っています。(さらに背もたれ付だから、これより凝っているかも)
 しかし、事務方がビジネスマインド0(まったく売ろうとする努力をしない)な上、作った人が(もう辞めました)職人気質で、コストを考えず(市場を無視した価格-原価上乗せのシーズ志向)作ったのでどうにもならず。
 そこで、私個人が、こういった埃を被って倉庫に放置されている木製品を、売る自信のある価格で購入しようとすれ、経理上“赤”が確定することを嫌がる事務方が売ってくれないわけでして。
(もう止めようよ…あまたあるゴミ在庫を棚卸資産勘定し、失敗を誤魔化し続けるのは…裏金作って責任取らされてクビ、いまだ裁判沙汰の、あなたたちを押さえつけていた人達と、本質は同じじゃないか)
 まあ、組合だけでなく、役場も各自治会の財産区-つまり、地域全体ーも、同じようなものですが。

おや、そうですか……。
しかし、担当者が売る気なくても、売る気で頑張る人の足を引っ張ってはいけませんなあ。
誰か、一点突破の覚悟でやらないと動かないのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんな木製イス:

« セミナーのお知らせ(大阪・東京) | トップページ | お知らせ »

April 2020
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

森と林業と田舎