無料ブログはココログ

本の紹介

« 夏祭……そして | トップページ | 『吉野林業全書』の復刻 »

2012/08/26

WTOとロシア材の価格

あんまり注目されていないようなので、紹介がてらに。

先日、ロシアがWTOに加盟した。これが何を意味するか。

新聞報道などを見ていると、機械類の輸出や輸入に与える影響などを論じているものが多いが、実は大きく変わるのは木材である。

この件は、今年の春ごろにも触れた。

「ロシアがWTOに加盟するということ」

ロシアの木材関税は、現在25%。

しかし、WTOは貿易を促進するのが目的であり、関税を勝手に決められなくなる。そこで新たにロシアから輸出される丸太の関税(輸出税)が変更されている。

これまで25%だったヨーロッパトウヒとヨーロッパモミは13%に、ヨーロッパアカマツは15%になった。

http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/boutai/pdf/120824-01.pdf

これで、材価はかなり安くなるだろう。しかもWTOお墨付きだから、今後勝手に変更される心配は少なくなった。円高に加えて税金も下がれば、ロシア材は復活するだろうか。北陸の製材業者は、沸き立っているかもしれない。

« 夏祭……そして | トップページ | 『吉野林業全書』の復刻 »

林業・林産業」カテゴリの記事

コメント

ということは中国とロシアの関税も?

言われてみればそうですね。中国もロシア材の輸入量を増やすかもしれない。まあ、密輸も多いらしいけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/55515638

この記事へのトラックバック一覧です: WTOとロシア材の価格:

« 夏祭……そして | トップページ | 『吉野林業全書』の復刻 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

森と林業と田舎