無料ブログはココログ

本の紹介

« 『森と近代日本を動かした男』の参考文献 | トップページ | 「“森から変える日本”委員会」って? »

2012/10/21

川上村詣で……奈良では本は売れぬ?

奈良の川上村を訪れた。

以前、紹介した古事記の講演会があったからだが、もう一つの目的は、やはり『森と近代日本を動かした男 山林王・土倉庄三郎の生涯』(洋泉社)の出版でお世話になった人に挨拶することである。

なにしろ、執筆に関しては、多くの村の人の世話になった。資料や情報を提供してもらった人は数多い。全員にはとても渡せないのだが、幾人かに会って、見本を贈呈してきた。また村そのものにも1冊贈呈。これは村長に渡してくる。

そして、土倉庄三郎の墓に詣でて挨拶。

002


これが、庄三郎の墓。意外なほど小さい。文字も風化が進んでいて読みにくくなっている。それでも手を合わせて御礼を申し上げてきた。

急に思いついてだったので、何の用意もしていなかったけど、お花くらい持参すべきだったな……。

ただ土倉家の墓域は、随分整備されてきれいになっている。


やはり、庄三郎の地元の人々に読んでもらいたいものね。地元で売れないようでは先行き暗い。また少部数の出版だけに、すぐになくなるかもしれない。後々、地元の情報として必要となっても、手に入らない可能性がある。

ただ、版元に言わせると、「奈良は、本の売れないところだよ」と。。。

奈良に関する本(ガイドブックではなく、郷土史的なもの)を出版しても、肝心の奈良では非常に売れ行きが悪いのだそうだ。奈良人は、あんまり自分たちの故郷に関心ないかしら。書店も少ないというネックもあるが。
たしかに遠慮深いのか、他地方の人には、古都奈良の魅力を熱烈に語る人がいるのに、奈良の人は卑下ばかりする。いや卑下ではなく、そもそも興味を持たないのだったら。。。

ぜひ、奈良人よ、自らの土地と人に眼を向け、奮起してほしい。奈良といえば飛鳥時代と平城京のような古代史だけでなく、その後も奈良は日本の中心だったのだよ。その証の文献としても、『森と近代日本を動かした男 山林王・土倉庄三郎の生涯』を読みましょう。

« 『森と近代日本を動かした男』の参考文献 | トップページ | 「“森から変える日本”委員会」って? »

書評・反響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36391/55943210

この記事へのトラックバック一覧です: 川上村詣で……奈良では本は売れぬ?:

« 『森と近代日本を動かした男』の参考文献 | トップページ | 「“森から変える日本”委員会」って? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

森と林業と田舎